Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 6 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

転職を考えている人におすすめの情報総合サイト『ジョブサポ』ってどんなサイト?

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
ジョブサポ


 

あふれかえる就職・転職サイト どれを見るべき?

転職や就職について特化したサイトは膨大な数となっており、どれを参考とすればいいのかわかりづらい状況となっています。

ありがちな考え方として、大手のものを2~3つほど抑えておけばいいとのものが挙げられますが、中小のサイトでしか取り扱っていないような案件もありますので、サイト運営者の規模に捉われることなく登録先を選んでいくことがおススメです。

最近はとにかく人手不足であり、中小企業からも高待遇の求人が出ていたりしますが、大手サイトのみチェックしていてはそれらの求人を逃してしまうこととなります。


自分に合った就職・転職サイトを探そう

しかし、いざ就職・転職サイトを探そうとしても、やはり大手ばかりが候補として挙がってくるので、中小のものまでピックアップするには厳しさがあります。

そこで今回、ジョブサポというサイトをご紹介しますので、そちらから就職・転職サイトを探してみてください。

ジョブサポは、転職サイトそれぞれについてわかりやすい説明を添えながら掲載しているサイトなので、誰でも自分にピッタリのものを探しやすいと思います。

加えて、転職に役立つスキルを身に付けられる先や、新しい住まい探し、就活支援サービスなどについても紹介されており、ジョブサポひとつを抑えておけば、そこを中心に転職・就職活動を展開していけることでしょう。


圧迫面接の対処法って知ってる?

また、是非とも目を通してほしいのが、ジョブサポの転職情報ブログです。

なかでも圧迫面接への適切な対処法というのは、他の転職サイトではなかなか得られないノウハウです。

実際に圧迫面接があるかどうかといえば、答えはYesです。

その理由として、面接官が面接の方法を学ぶ機会がなかなかないということが挙げられるでしょう。

面接官も決して圧迫しようと思っているわけではないのでしょうが、やはり求職者に比べて立場が上であるというマウント的思考はあるものなので、それが表面に浮き出てしまうわけです。

もちろん、そのような態度に我慢すべきかどうかはそれぞれの判断によります。

具体的に、どのような対処をすべきかはジョブサポの同記事よりご覧ください。

同じ会社で長年にわたって働いていかなければならない風潮がまだ根強いところもあり、転職・就職の際には思い切った判断も要されます。

しかし、共通するのは次のステップで失敗しないよう、自分の生き先を決めることに他なりません。

最初の一歩として、今回ご紹介したジョブサポより自分にピッタリの転職サイトを見つけてみてはいかがでしょうか。




ジョブサポ

痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……公文書改ざんで再燃の森友問題、大手まとめブログは全力で朝日新聞と野党を叩いていました ほか


今日取り上げた記事のランダム流し読みリンク

観光やグルメなど、地域のスポット情報が動画でサクッと分かる「ジモフル」

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。 →ジモフル
 

「個人」が発信する情報サイト

地域情報といえば、一昔前はタウン情報誌でしたが、最近のそれらはどんどん薄くなっていっており、ネットにその立場を奪われつつある状況となっています。
画像で、動画で、誰もがいつでも情報発信できる今日、紙媒体の小さな画像と文字だけの広告媒体の価値が失われていくのも当然のことといえるでしょう。
このような状況下、ジモフルというサイトがこれからのタウン情報の新たなカタチを提案しています。
同サイトのコンセプトは、それぞれの人々が日常や旅先で感じる「好き」を15秒のCM風にアレンジして投稿し、それをシェアして多くの人々とつながる、新感覚の動画プラットフォームとなることであり、個人的に受ける同サービスのイメージとしては、TwitterとYoutubeの中間あたりの位置づけかと思います。
動画編集などの専門的な知識がなくても、ジモフルがリリースしているアプリをダウンロードすれば、15秒のCM風に簡単にアレンジできるとのことなので、誰でも手軽に自分がアピールしたい「好き」を投稿することができます。

誰かに知ってもらう喜び、何かを知れる楽しさ

自分が制作した動画について多数の人よりレスポンスが得られやすいので、思わずCM制作にも力が入ってしまうのではないでしょうか。
SNSであれば自分のフォロワーのタイムラインくらいにしか伝わっていかず、反応の薄さに投稿意欲も削がれてしまいがちですが、ジモフルであればより大きな反響を得られやすい仕組みとなっていますので、これまで以上にやりがいを感じられることでしょう。
これに加えて、動画を投稿することで、審査ランクに応じた報酬(チアコイン)が必ず獲得できるようになっており、ここで獲得したチアコインはお買い物で使えるポイントやギフト券などに交換できるため、趣味だけでなく実益を兼ねて楽しむこともできます。
ジモフルでは、有名人や企業から動画投稿のテーマが出題され、そのテーマに沿って投稿された動画を提案者側が審査し、結果に応じて特別なプレゼントが付与される企画も実施しています。
まるでコンペ形式のような企画となっており、自分自身で面白いもの、好きなものをなかなか見つけられない人であっても、このような形式であれば動画投稿を楽しみながら継続していけることでしょう。
今回ご紹介したジモフルには皆さんの身近なエリアについての動画も寄せられている可能性がありますので、どのような動画を他の人が投稿しているのか確認してみてはいかがでしょうか。


ジモフル

レジャーホテルをお探しなら、HotRoom(ホットルーム)が便利です

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。 →HotRoom
 

なかなか見つからないレジャーホテル

突然、どこかに泊まることになった場合、なかなか見つからないのがレジャーホテルです。
近隣にあることを知っていたとしても、実際に足を運んでみれば満室であることも少なくありませんので、事前に情報収集しておかなければなりません。
特に男性であれば、女性をリードしなければならないケースがほとんどだろうと思いますが、ホテル探しに時間をかけているようではせっかく訪れたチャンスも逃がしてしまうリスクが大きくなってしまいます。
しかし、そのような心配はHotRoom(ホットルーム)というサイトさえ知っておけばまったく必要ありません。

HotRoomで、宿泊可能なレジャーホテルを探そう

HotRoomは、その日に宿泊可能な近隣のレジャーホテルをすぐに見つけることができ、その場で予約もできるサイトです。
しかも、普通にホテルへ行くよりも安く泊まることができますし、かなり大きな割引も期待できます。
その理由は、HotRoomはレジャーホテルのフリーマーケットというコンセプトで運営されており、掲載参加しているホテルがそれぞれ独自の判断で好きな価格付けをおこないながら宿泊客を募っているためです。
このようなビジネスモデルは業界初とのことですが、ホテル側も泊まる側も、双方ともにメリットのあるサービスであるといえます。
ホテルは空室のままとしておけば売上がゼロなので、時間帯によっては大きく割り引いてでも空室を埋めたいところですし、その恩恵を受けられる宿泊客にとっても旨味のあるものといえるでしょう。

最新のホテル情報から探せる、地図から探せる

同サイトのページ構成を見ていても、新着のものや更新されたものから順にリストアップされるようになっており、宿泊客を探しているレジャーホテルが一目瞭然となっています。
HotRoomに掲載されているホテルを見ていると、東京・埼玉・神奈川・千葉あたりのホテルが多いようですが、地図上より近隣のホテルを探すことができますので、皆さまも自分のエリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。
HotRoomを利用するにあたっては簡単なユーザー登録が必要ですが、何かしら個人情報を入力するわけでもありませんので、誰でも安心して利用できます。
宿泊料金の支払先は、通常と同じく、レジャーホテルで現地精算するようになっていますのでトラブル等に巻き込まれる心配もありません。
HotRoomでは宿泊を希望するホテルを探し、予約するだけですので、一度お使いいただければ、いかに安心か、どれほど便利か納得いただけるのではないかと思います。


HotRoom

‪前里社長が、社員と自分に、そしてあなたにも^_^『夢と笑いと売上をプロデュースするblog』です!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。 →前里社長のプロデュース大作戦!
 

あなたの中の「社長」ってどんなイメージ?


皆さまが会社経営の現場や、それを取り仕切る会社経営者に抱いているイメージとはどのようなものでしょうか。
身近な実例があれば、その姿を思い浮かべてそれぞれのイメージとするでしょうが、そうでない場合には、タイトなスケジュールのなかで進行させていく経営の現場について、ピリピリした感覚を覚えるものを想像するのではないかと思います。
実際のところ、大企業ならともかく、中小零細ともなれば、テレビや映画などで目にするような張りつめた空気感はなかなか見られません。
むしろ、伸び伸びとした会社が多く、経営者も自由度高く振舞っているものです。
その理由として挙げられるのが、利害関係者の少なさといえるでしょう。
大企業であれば上場しており、株式を保有している株主が多数いるのがほとんどであり、それら全員も利害関係者となってきますので、経営者は公人同様の振る舞いを要求されますし、経営の現場も会社の所有者である株主から理解が得られる判断をスピーディーに繰り返していかなくてはなりません。
一方、中小零細であればその多くが非公開会社となっており、創業者以外に会社の所有者として経営方針に意見できる存在はほぼありません。
経営に口を出しそうなメインバンクでさえ、個々の経営判断にはほぼ口を挟んできませんので、採算さえあっていれば、日頃の経営者の振る舞い自体はとても奔放になりがちであり、経営の現場も外から見ればルーズな印象として受け取られやすくなっていきます。

「うちの会社の社長が、こんな社長だったらいいな」そんな憧れの社長像


しかし、ルーズに見えるようであって、実はとてもシビアなのが会社の経営者であり、使われる立場ではなく使う立場である以上、それぞれが自分なりの哲学を持っているものです。
例えば、こちらのブログ(前里社長のプロデュース大作戦!)は東京で5社を経営している社長さんのものですが、きっと多くの人が興味深く読んでいけるブログなのではないかと思います。
コンテンツを読み進めてみると、わかりやすい言葉でハキハキと綴られており、やはり経営者として常日頃から効率を意識しながら過ごされているのかなといった印象を受けつつも、それらの言葉一つ一つに心がこめられており、ブログを綴っている前里社長の人柄がなんとなくイメージできるような気がしてきます。

接客で覚えておくべき“出迎え3歩、見送り7歩”

前里社長のブログで個人的に学ばされたのは、“呼び覚ませ”というタイトルの記事であり、そのなかにある“出迎え3歩、見送り7歩”という言葉です。
思い起こしてみれば、接客が丁寧といわれるお店に行けば、しつこいと思うほど帰るときに店員さんが寄り添ってくるような気がします。
しかし、それは決して悪い気がするものではありません。
オーバーな見送りを受けつつ、少し困惑したとしても、5秒から10秒くらい歩いて角を曲がればそれで終わりなので、そこからはいつも通りの自分の時間が再スタートします。
ただ、丁寧な見送りの効果はその場だけのご機嫌取りではないのです。
他のお店に行った際、そのような見送りがまったくなければ、丁寧な見送りをしてくれるお店と比べて愛想のないものとして映ってしまいます。
その結果、丁寧な見送りをしてくれるお店へと繰り返し足を運ぶようになりやすくなるでしょう。
このようなお得意さん確保の効果も丁寧な見送りには期待できるのです。
自分がしっかりとお客さんを見送っているかどうかと聞かれれば、決してそうではないだけに、かなりハッとさせられました。
出迎えが3歩であれば、見送りも3歩というのが自分のスタイルだっただけに、前里社長からブログを通じて学んだ“出迎え3歩、見送り7歩”をすぐにでも実践してみたいと思います。

合理的にラフな会社は理想的

上記のよう、とてもタメになる内容が多く、前里社長の言葉と自分自身の姿を照らし合わせながら読み進めていたのですが、突然に幼稚園児の格好をした大人の画像に強いインパクトを与えられました。
詳しく見てみると、どうやら前里社長が経営する会社の専務取締役らしいのですが、そのようなお偉いさんがこのような格好をしている会社はなかなかないでしょう。
むしろ、そのような取っ付きやすさがあるから、それぞれの従業員も自分のアイデアを発しやすく、組織としてより良い方向へと進んでいくのかもしれません。
また、前里社長は仮眠を推奨しているのですが、その理由に確かな根拠があり、とても納得させられるので詳しくは同ブログに目を通してみてください。

常識に縛られない考え方を学べる

同社長がおススメする昼休みの過ごし方は、まず食べないことが前提であり、仮眠するか、瞑想するか、おしゃべりするかのいずれかとしており、この考え方についても考えさせられました。
食べると眠くなることも多く、昼休みが終わると同時に目いっぱい集中しづらいというだけではなく、“時間がきたらご飯を食べる”という行為を繰り返すのも人間だけであることを考え、食べない前提でモノを考えているのです。
本来、動物とは自分が生きるために必要な栄養を補給するために食べるのであり、今日の人間が当たり前としている1日3食を決まった時間に食べるという行為のほうが不自然です。
人間だけが他の生き物に比べて特殊な身体の構造となっているのであれば、そのような食の摂取方法であることも納得いきますが、決してそうではありませんので、過度な食事が私たちの身体にとってストレスとなる可能性だって否定できないのです。
このような考え方を多くの人が持っているからプチ断食が話題となっていたのでしょうし、それによって得られる効果のひとつに集中力の増加が挙げられるのでしょう。

これまでご紹介した以外にも、前里社長のプロデュース大作戦!には様々な気付きを発見させられる内容がありますので、時間に余裕があるときにチェックしてみてください。
優秀な経営者であり続けるためには、これまでの常識を絶対のものと思わない視点が大切となってきます。
しかし、数文字だけで理解できるほど、その視点は簡単なものではありません。
今回ご紹介した前里社長であれば、5社経営している実績を背景としつつ、ブログ内容より、優秀な経営者として持っているべき視点を確かに持った人物であると思います。
ビジネスの最前線で活躍しているプロフェッショナルならではの価値観や思考をこの機会に覗き見してみてはいかがでしょうか。


タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選

「作家とマンガ誌の温度差がちょっとまずい域に来ている」漫画編集が語る出版社のこれから ほか


今日取り上げた記事のランダム流し読みリンク

タクシーの転職は「埼玉県」で人気

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。 →タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選
 

タクシードライバーは、収入と自由を両立できる職業

タクシードライバーとして働くことは、収入と自由を両立できるとして注目が集まるばかりです。
基本的にタクシードライバーの給与体系は固定給に歩合給が加算されることが多いので、自分が頑張れば頑張った分だけ給与として反映されるためやりがいを感じられますし、歩合に余裕があれば時分の裁量で手を緩められるのもタクシードライバーならではの魅力といえることでしょう。
しかも、歩合といっても街中を流してお客さんを捕まえ続けなければならないわけではありません。
タクシードライバーが乗せているお客さんのうち、その多くが本部からの支持を受けて迎えに行くお客さんなので、配車をメインとしているタクシー会社であれば、本部からの指示がない限り、車の中で休んでいてもOKだったりします。
これらのような条件が備わっているタクシードライバーは、車さえ運転できれば誰にでもできる仕事といえるのも事実であり、そのような仕事だからこそ人気が集まっていることを考えれば、就労条件に優れた求人を提示しているタクシー会社の求人ほど早い者勝ちであるのはイメージに容易いのではないでしょうか。
特に中高年の転職先としてタクシードライバーはピッタリです。
それまで暮らしていたエリアが勤務地となれば、長年にわたって培ってきた土地勘を活かしながら働けますし、他のエリアでの就業とした場合であっても、年の功を活かすことで接客にゆとりが生まれやすいといえます。

タクシードライバーで働くために重要なポイントは、エリア!?

タクシードライバーとして働くにあたって重視しなければならないのはエリア選びであり、タクシーへの需要が高いエリアであれば自らの手取り額も跳ね上がります。
東京や大阪といったエリアはもちろんなのですが、タクシー需要の多い県として見逃せないのが埼玉県です。
埼玉県は東京のベッドタウンとして知られているよう、電車で東京まで通勤・通学する人が多くいますが、埼玉県内の電車網はそれほど優れておらず、居住地と駅のあいだの移動は決して楽ではないことから、タクシー需要が絶えません。
突然に雨が降れば自宅まで濡れて帰るには厳しい距離の人が多いのですが、路線バスを使おうにも埼玉県内は道路が狭いことから、渋滞が頻発するためダイヤが守られておらず、かなり時間が読みづらい状況にあります。
このような背景より、電車から降りたらすぐにタクシーへと乗り込み、自宅へと向かう人が多いのです。
東京で働いている人も多いため、賃金のベースも全国一であることからお財布に余裕がありがちなのも、タクシーを頻繁に利用する理由となっているでしょう。
しかし、これらは自宅と最寄り駅のあいだのタクシー需要についてのみを取り上げたに過ぎません。
埼玉県から東京へ働きに出ている人が多い状況を考えれば、埼玉県内と東京都内までの区間における直接的なタクシー需要も生じるでしょうし、意外と広い面積を誇る埼玉県内だからこそ遠距離移動の需要も生まれやすいといえます。
乗車距離が長くなればなるほど、頻繁にお客さんを乗せるほど、渋滞に巻き込まれても料金が加算される、といったタクシー乗車料金の特性と、それに係る歩合給について考えてみれば、埼玉県でタクシードライバーとして働くことがいかにメリットあるかイメージしやすいと思います。

おすすめ地域の埼玉県でタクシードライバーになりたい! そのためにすることは?

これから埼玉県内でタクシードライバーとして働いてみようと思うのであれば、タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選というサイトをご覧になってみることをおススメします。
同サイトでは、タイトルから推測できるよう、埼玉県内の10社のタクシー会社を細かく紹介していますので、それぞれの特徴を事前に把握しながら転職活動を進めていくことができます。
ここで注目すべきは、“10選”という言葉です。
同サイトは埼玉県内にあるすべてのタクシー会社を紹介しているわけでないのに10社もの紹介となっているのですから、埼玉県内がいかにタクシー激戦区であるのか推測いただけるでしょうし、それだけタクシーが稼ぎやすい環境が整っていると再確認いただけると思います。
タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選に掲載されているコンテンツとして、事前に目を通しておくべきは“タクシー就職コラム”とカテゴライズされたものです。
例えば、“お客さんを拾いやすいのはどこ?”といった記事であれば、お客さんを拾いやすいポイントを明記しつつ、その根拠も書いてあり、関連記事も表示されるサイト設計となっているので、同時に収集しておきたい周辺情報もしっかりチェックできます。
これに加えて、地域情報も充実した内容となっていますので、現在、埼玉県内でタクシードライバーとして働いている人であっても参考となると思います。

考えられるリスクもしっかりと知った上で、納得のいく転職をしよう!

今回、ご紹介しているタクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選がおススメなもうひとつの理由として、タクシードライバーとして働くときのリスクについてもしっかり取り上げられている点が挙げられます。
良いことばかり書いてあるサイトを参考とし、それらを間に受けた結果、転職した後に“こんなはずでは・・”とならないためにも、タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選に目を通すべきなのです。
例えば、変則的な勤務形態については、タクシードライバーとして働くときのデメリットとして知っておくべきなのですが、同サイトではしっかりと取り上げており、一回あたりの勤務が24時間や、36時間となることにも触れながら、実際にタクシードライバーとして働いている人がどのようなライフスタイルで勤務に従事しているのかについて言及しています。
“タクシーの転職で気になる「デメリットと仕事で大変なこと」”という記事に詳しく書かれていますので、興味があれば是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。
転職時は、次のキャリアで必ず成功と安定を手にしたいものです。
その点、タクシードライバーであれば、頑張った分だけ賃金に反映されますし、手に職を得たのと同じく年齢を気にせず働くことができます。
最近のタクシー会社はタクシー車両の運転に必要な2種免許取得の金銭的サポートをしてくれる会社も多いので、事前に転職候補先とすべき会社もしっかり下調べしておきましょう。


タクシー求人「埼玉県」転職のおすすめ10選
1 3 4 5 6 7 8 9 224