Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 5 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

海外FX比較ナビ | 海外FXおすすめ口座・スプレッド・ボーナスを徹底比較

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
海外FX比較ナビ


 

国内FXではハイレバレッジでの取引ができない

少額からスタートしても億万長者となれる魅力こそFXの醍醐味であったはずなのに、現在ではだいぶ冷めきってしまった感があります。

その理由は、国内FX業者を利用したとしても、少額からのスタートの場合の夢がなくなったからでしょう。

国内FX業者に口座開設してトレードで大きな利益を稼ごうと思った場合、多額の種銭を用意しなければなりません。

てこの原理を用いて、口座に入金した額の数倍のサイズの取引をできるのがFXであり、200倍や400倍で取引できていたからこそ魅力的な投資先として注目を浴びていたのですが、現在では25倍までしか取引できませんので、資本金を基準に考えたとき、見込める利益の金額は10分の1以下となってしまっています。

こういった事情から、FXトレーダーは次々と海外のFX業者に口座を開き、そこでハイレバレッジでのトレードを行うようになってきています。


海外FXなら最大で3000倍のレバレッジも可能

海外FX業者の場合、最大で3000倍のてこの原理がかけられるだけでなく、予想と反対の方向に相場が急激に動いた場合でも、追証が発生しないので、トレード環境としては国内FX業者のそれよりもはるかに優れています。

また、口座開設や証拠金の入金を行うだけでボーナスがもらえるのも海外FX業者ならではといえます。

これらの要因はすべてトレーダー自身の取引環境にプラス要因として寄与してくれるものであり、より有利なトレード環境を求めるべきとのトレーダーの鉄則にも即したものであるため、上記のように海外FX業者を利用し始めるトレーダーが増えているのでしょう。


業者の不正も見逃せない

以上に目を通すだけでも、国内FX業者がいかに苦しい状況にあるのかがイメージできると思います。

それらの業者がよりトレーダーに有利な取引環境を用意してくれるのであれば話も違うのでしょうが、むしろ不利な状況をいくつも作り出してしまっているため、まさに自分で自分の首を絞めている状況といえます。

国内FX業者では不正が蔓延しており、目立つ勝率を上げているトレーダーなどは、業者の不正操作で「不利な約定」・「ストップ狩り」などで強制的に負けさせられることもあります。

これらが不当な行為であったとしても、細かに規定やれた取引約款にこれらを認めざるを得ないように書かれていることも少なくありません。

こういった点を含めても、賢いトレーダーほど海外FX業者を利用しているのは当然であると言わざるを得ません。

より詳しくは、海外FX比較ナビというサイトをご覧になってみてください。


海外FX比較ナビ

140℃耐熱で削りやすいPLAフィラメントLFY3M

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
Nature3D サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M


 

理想を体現できる3Dプリンタ

好きなモノを作ることのできる3Dプリンタは、人々が持つ幅広い趣向に応えてくれるものであると同時に、それらの人々に“より良いモノを作りたい!”という想いを抱かせるものでもあります。

より良いモノを作ろうとした場合、造形データの精度を高めて理想に近づけていくことも大切ですが、それ以上に3Dプリンタで使用する素材選びが重要となってきます。

少しイメージするだけでもわかると思いますが、素材がイマイチであれば、機械が造形データ通りの加工をしづらいため、仕上がりが大きく変わってしまうのが理由です。


PLA樹脂とABS樹脂

3Dプリンタで使用する素材の代表的なものは、PLA樹脂とABS樹脂があります。

詳細は割愛しますが、どちらのほうが素材として優れているかといえば、前者のPLA樹脂だと評価する場合がほとんどなのですが、PLA樹脂は硬くてやすりがけなどの後加工が大変という弱点があります。

また、ABS樹脂に比べて低い温度でも力が加われば歪んでしまうといった耐熱性も弱点のひとつであるとされています。

つまり、これらの2点がカバーできるPLA樹脂であれば理想的な3Dプリンタの素材と考えられます。

そこで探してみたところ、“→サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M
”という素材を見つけましたので簡単にご紹介してみたいと思います。


「ほしい」は尽きない! 素材の悩みすら技術の進歩で解決

LFY3Mはそのネーミングの通り、PLA樹脂にも関わらずサクサク削れるため、思い通りの造形を再現しやすくなっているほか、アニール処理を行えば140度までの熱に耐えられるなど、PLA樹脂の弱点をカバーできている素材です。

より詳しくは、LFY3Mの特性について紹介されているコチラのホームページ(Nature3D サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M)をご覧いただければ、削っているときの動画なども掲載されているため、イメージが掴みやすいと思います。

低融点合金鋳造用のモールドとして使用すれば、金属製のアイテムも作れますので、これまで以上に幅広い楽しみ方ができるようになるでしょう。

より良いモノを作ろうと思えば、次々とリリースされるモノづくりに関するツールはこまめにチェックしていかなければなりません。

なかでも、造形に大きく関わる素材は尚更なことでしょう。

今回、ご紹介したLFY3Mを試してみて、これまでの素材との違いや出来上がったモノの質を比較してみてはいかがでしょうか。

きっと新たな気付きが得られると思います。



Nature3D

組織開発力強化・商品開発力強化など、中小企業のための経営支援をしています

Act And Act様のご紹介です。

中小企業の経営課題は、営業や商品開発などいろいろあるが、
それを実行するのは従業員。
経営課題を解決するには、従業員のやる気の大きさに左右される。
従業員のやる気を引き出すにはコミュニケーション力の強化が欠かせない。
コミュニケーション力を強化し、一体感のある組織を作るサポートをします。



 →Act And Act

働き方改革、4月から残業規制=5日の有休義務付け ほか


今日取り上げた記事のランダム流し読みリンク

人物のイラストのaiデータが無料でダウンロードできるwebサイトを紹介

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。 →イラストマン
 

無料で使えるイラストがほしい! そんなときはイラストマン


サイト運営や販促物の作成などを行う際、どうしても困ってしまうのがイラストです。
イメージにピッタリのモノを探そうにもなかなか見つかりませんし、近いモノを見つけたとしても、それらの多くがどこかの著作権で保護されているだろうモノなので、そのまま拝借するわけにもいかず、結局はインパクトに欠ける状態のまま妥協してしまうシーンは少なくありません。
運が良ければ無料サイトから素材を引っ張ってこれるのですが、それらも似たようなイラストばかりであったり、点数が不足していたり、など諸々の課題を孕んでいます。
上記のような状況下、私たちが希望するのは、もっと使える無料イラストサイトがないのか、というワガママなものとなってしまうわけですが、今回、そのようなサイトを見つけたのでご紹介してみたいと思います。
それは、イラストマンというサイトです。

1000個以上のイラストがある


イラストマンには、人物が中心のイラストの素材数は1000個以上、赤ちゃんからおじいさんまで様々なイラストが多数あるほか、イラストマンならではのちょっと変わった素材もあるので、他のサイトと同じ画像を使っているように思われることがなくなります。
しかも、ダウンロードできるイラストデータはすべてaiデータなので、好きなサイズに縮尺を変更して使用してもイラストが劣化することはありません。
これまで無料素材を取り扱ったことのある人であれば、この有難さはかなりのものとして受け取ることができるのではないでしょうか。

せっかく理想に近いものがあったのに、拡大したところ見られるものではなくなったとき、かなりの労力と時間を無駄にしたような思いとさせられてしまいます。
しかし、aiデータを配布しているイラストマンの素材であれば、もうそのような思いをすることはありません。
イラストレーターを持っていなくても、高解像度のpngの画像データもダウンロードできますので、ほぼすべてのPC環境に対応できる素材を配布してくれているのが、イラストマンというサイトの有難さなのです。
今回ご紹介したイラストマンで配布されている素材は個人の利用はモチロン、商用利用もOKとのことなので、これからの素材調達先の一つとして覚えておいて損はありません。
まずはサイトをご覧いただき、どのようなイラストがあるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

イラストマン

FXはスキャルピングがおすすめ!FXスキャルピングの勝ち方と手法をレクチャー

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。 →FXスキャルピング.com | 1億円稼ぐための手法とコツ・おすすめ口座
 

FXで儲けるための「トレンドに乗れ!」が当てにならない理由

FXで儲けるための方法を調べてみれば、トレンドに従うべしとのモノばかりがピックアップされますが、今年度の相場をご覧になっている方であればおそらく共感いただけるよう、為替相場に強烈なトレンドが生まれること自体がほぼありません。
トレンド発生時のサインがあれこれと紹介されており、そのトレンドが終わるサインが出れば利益を確定させるよう指南されていますが、それほどうまくいくはずがありません。
トレンドが発生すること自体が珍しいのですから、のほほんとしていれば得ていたはずの含み益はそのうち失われてしまうでしょうし、場合によっては“あのとき利益確定させていれば・・”と後悔するばかりとなってしまいかねません。
投資にもいろいろな種類があり、トレンドフォローするのがいい場合は確かにあるものの、為替はそういったものではないといえます。
例えば、ランダムウォーク理論などがその典型であり、ここ1年の相場の動き自体がこれに近いように思えます。
そもそも含み損は確定損失ではないので塩漬けにしておくという考え方もあるくらいなのですから、含み益を塩漬けにしてしまえばそれが失われる可能性も多いにあると考えるのが自然なのではないでしょうか。

スキャルピングでリスクを最小限に抑えよう

では、FXで稼ぎ続けるためにどのような手法がおススメなのかといえば、その代表格がスキャルピングに他なりません。
スキャルピングは短時間で売買を繰り返すことによって、リスク少なく差益を積み重ねていくスタイルであり、それがあまりに稼げてしまうため、“サーバーに負担がかかる”という理由を掲げてスキャルピングを違反行為とするブローカーも存在するほどです。
絶え間なく動き続ける相場でわずかな差益を重ね続けるスキャルピングは値動きの幅さえつかんでしまえば、難しいことを考えずに売買を作業的に繰り返すだけでOKなので、トレードについて精通していなくても十分な稼ぎが得られるようになることも少なくありません。

海外FXならハイレバレッジも可能

これからスキャルピングに挑戦してみようと興味をお持ちでしたら、FXスキャルピング.comというサイトをご覧になってみるといいでしょう。
同サイトではスキャルピングに特化したトレード法や利用すべきブローカーの紹介などを見ることができますので、自分のトレード環境にポジティブな情報を効率よく収集できるようになっています。
掲載コンテンツに目を通してみればわかりやすいのですが、スキャルピングで稼いでいる人ほど海外ブローカーを利用して市場に参加しているようです。
より詳しくはご自身でチェックしていただきたいと思いますが、海外業者はハイレバレッジでの取引が可能であり、約定もスムーズ、諸々のやり取りも日本のブローカーと同様に行えるとのことです。
レバレッジ規制によって勢いが失われた感のあるFXですが、こういった抜け道を利用することで、かつての熱かった時代と同様のトレードが可能となります。
今回、ご紹介したFXスキャルピング.comには、上記以外にもスキャルピングについて多彩な角度より分析したコンテンツをみることができますので、これからFXで大儲けしようと画策している方にとって必見のサイトといえます。
勝てるコツを身に付ければ、1時間~2時間程度の時間で毎日利益を上げることができるとされており、多くのプロトレーダーが稼いでいる取引方法も含めて紹介されているので、きっと皆さまが思い描く自分にとって理想的な将来を得るためのひとつのきっかけとなるでしょう。
きっかけを得るには、自分から学ぼうとする姿勢が重要であり、そのひとつがスキャルピングの習得であると思います。

FXスキャルピング.com | 1億円稼ぐための手法とコツ・おすすめ口座

【朗報】JCB、始まる 公取委がVISAやマスターカードを調査 手数料を一方的に上げた疑い ほか


今日取り上げた記事のランダム流し読みリンク
1 2 3 4 5 6 7 8 265