Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 3 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

実用強度パーツ3Dオンデマンド製造サービス-3Dan(サンダン)のオープン

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
3Dオンデマンド製造サービス-3Dan(サンダン)


 

3Dプリンターの課題はデザインと実用性の両立



どのようなジャンルにおいても、名の知られていない個人が強烈な才能を見せつけて世間を驚かせるケースが珍しくなくなってきていますが、プロに比べるとインフラ的な面で損をしているように思えるケースも少なくありません。

その代表的なジャンルといえるのが、モノづくりといえます。

3Dプリンターの登場によって、従来よりも思い描くフォルムそのままを再現するためのチャンスは増えているものの、設備への知識の不足やインフラなど環境的要因が重なった結果、本来、その本人が思い描いていたはずの世界観が忠実に再現されなかっただろうケースも多々目にします。

しかし、これはその本人が用意できる最善の環境のなかで成し得たものなので、誰かが画一的に評価できるものではありません。

3Dプリンターは、3Dデータから直接出力造形ができる優れた機械ですが、素材だけはカバーしづらいものです。

これまでの3Dプリンターの材料は、ABSやナイロンなどのプラスチックがほとんどでしたので、試作品レベルのものや、フィギュアなど強度を求められない造形でしか使うことができませんでした。

モノづくりに取り組んだことのある皆さんであれば共感いただけると思いますが、多くのクリエイターが思い描いているのは、デザインに加わる実用性であり、この両者はほぼトレードオフの関係にあるのではないかと思います。


これまでにない強度を誇る3Dan(サンダン) その秘密とは



新たなモノづくりに興味のある方に紹介したいサービスが、実用強度パーツ3Dオンデマンド製造サービスである3Dan(サンダン)です。

3Danは、「とにかく手軽に安く部品を造る」をコンセプトとして誕生したサービスであり、繊維材料を添加できる3Dプリンターによって、アルミとほぼ変わらない強度の部品を提供してくれるサービスです。

3Danについて紹介されているホームページ(3Dan(サンダン))をご覧いただければわかりやすいのですが、車のパーツの復刻や、冷却ホース継手など実用性あるアイテムの供給を実現していますので、きっと多くの皆さんの頭の中に描かれているアイテムを再現してくれるサービスです。

ABS樹脂の8倍、アルミよりも20%も強い素材とされるカーボンファイバー、ABSより11倍、ナイロンよ26倍硬いガラス繊維素材であるファイバーグラス、柔軟性がありABSの8倍衝撃性が高く、他の繊維素材より20%も軽いアラミド繊維系素材として知られるケブラー、150℃の高耐熱ガラス繊維素材であるHSHTファイバーグラスといった素材でのモノづくりをサポートできるサービスなので、これまで以上に思い描いているアイテムの具現化に役立てられるサービスだと思います。


小ロットでも制作してくれる

今回ご紹介している3Dan(サンダン)は個人のモノづくりをかなり後押ししてくれるサービスだと思います。

その理由は、小ロットでも依頼できるためです。

これまで理想とするモノづくりを追求してきた方であれば、何度も壁にぶつかってきただろうと思いますが、ある程度まとまったロット数でないと話にならないケースは少なくありません。

もちろん依頼先もビジネスであることを考えれば割り切るしかないのですが、資金的に乏しい依頼者側からすると、どうしても敷居の高さを感じずにいられない場面は少なくありませんでした。

しかし、今回ご紹介している3Danであれば基本制作料金は不要となっており、製作費は5,000円(税抜)からと破格の設定となっていますので、頭の中にこれからの時代に向けてリリースしていきたいアイデアがあるようであれば、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

3Dデータの作成、造形可否の確認、 強度シュミレーションをはじめ、冶具や軽量化部品、機能試作品、最終部品などジャストインタイムで製造してくれますので、各々の思い描く理想のモノづくりをイメージ以上に体現してくれます。



このように、かなり至れり尽くせりとなっている3Danはかなり異色のサービスといえるのではないでしょうか。

関連するキーワードで類似サービスについて検索してみたことのある方であれば納得いただけると思いますが、モノづくりについてはインフラ面の不足を理由に個人でモノづくりを夢見ている人々にそれを諦めさせるようなスタンスの事業者が多く情報発信しているためです。

おそらく、それらの事業者にとって、皆さんの抱いているアイデアは飯のタネなのでしょう。

優れたアイデアがあれば自分のところで、といったスタンスばかりが目につきます。

それらのスタンスが決して悪いものであるというわけではないのですが、良い方向になかなか転がらないだろうことは想像に容易いところです。

それらの業者がアイデアをパクッてリリースに踏み切るリスクもあるでしょうし、そういった状況を懸念して自力だけでは為し得ない挑戦を繰り返す人々も多くなるためです。

つまり、自分の思うがままを指示どおりに具現化してくれる先が求められているのであり、そういった存在こそが今回ご紹介した3Danに他ならないのです。


3Dan(サンダン)制作の流れ

3Dan(サンダン)の利用方法はとても簡単なので、まずは自分の抱いているイメージの再現が可能であるかどうかお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

まず最初のアプローチでは、stl形式のデータ送信を前提としながら、造形可否の確認/修正依頼及および見積もりを交わすところから始まります。

その後、正式に発注して決済手続きを終え、造形へと取組、成果物が納品される流れとなります。

形状や数量によっては、最短で翌日に発送してもらえるほか、オリジナル金属加工もお任せできるので、きっとそれぞれが自分の思い描くタイミングで自分が脳裏に描いたアイテムを手にできるようになるでしょう。

特に強度に問題を抱えているとの自覚があるのであれば、3Danほどピッタリのサービスはないと思います。

少量ロットで品質に問題がないかどうかチェックできるのですから、クライアント視線による商品およぶサービスの導入が可能となります。

より詳しくは、今回ご紹介した“実用強度パーツ3Dオンデマンド製造サービス-3Dan(サンダン)のオープン”をご覧になってみてください。


3Dオンデマンド製造サービス-3Dan(サンダン)

朝ドラの感想ブログ

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
朝ドラひとこと


 

朝ドラの濃縮されたクオリティ

朝ドラは国民の文化としてすっかり浸透しています。

次の朝ドラのヒロインが決まれば、それ自体がニュースとして取り上げられているのを見ても、ドラマとしても枠組みを飛び越えた存在であるといえるでしょう。

なぜ、ここまで朝ドラが人気を集めているのか疑問に思って調べてみたところ、いくつか説得力のある声を見つけました。

まず、15分という1回あたりの放送時間が多くの人々にとってちょうどいいようです。

家事のための手を止めて、ちょっと一息つくのにピッタリという声が多く見られました。

また、面白ければ翌日が待ち遠しく、つまらなくても15分なら時間を返せとも思わない、という声もとても納得できる考え方でした。

15分なら集中して見られるというのも、頷ける点です。

キャストもストーリーも魅力的なことが多いので、小さな子供からお年寄りまでが楽しめる内容となっており、老若男女問わず凝縮された時間を楽しめるわけですから、人気が出ない方がオカシイといえます。


その日1日を彩る日課としての朝ドラ

上記以外に朝ドラの魅力についていうならば、1日のスタートに癒しを得られるのも理由となるでしょう。

朝ドラをやっている時間帯はどのチャンネルを眺めてみてもニュースやワイドショーをやっており、それらを見て明るい気分になること自体が少ないものです。

むしろ、ドンヨリとした気分になってしまうことのほうが多く、一日のスタート時に見るにはちょっと抵抗を覚えますが、時事についてまったく把握しないわけにもいきません。

こういった出勤前の流れの締めくくりとして朝ドラを見るようにすることで、その一日を頑張ろうと思う人も多くいるのではないかと思います。

こういった背景もあって、当たりハズレがあると言われながらも、実質的にはすべて当たりといった状況が続いているのではないでしょうか。

朝ドラをもっと楽しみたいときにおススメなのが、こちらの朝ドラ感想ブログ(朝ドラひとこと)です。

その名の通り、放送された朝ドラを見た管理人さんが感想を連ねているブログです。

他の人はこのような受け取り方をするのだという参考にもなりますし、自分の感想との相違を確認してみることで、他の見方ができるようになりますので、より一層、朝ドラを楽しめるようになると思います。

身近なところに朝ドラを見ている人がいないような場合には、その内容を共有できる仲間代わりとして、同ブログをご覧になってみてはいかがでしょうか。


朝ドラひとこと

薄毛対策にお薬や植毛はもう古い!? 男女問わずこれからの薄毛治療を提唱するサイトUSG-BLOG

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
USG-BLOG


 

薄毛は自信の低下につながる

薄毛となってしまえば、外見について悩みを抱えてしまうのは当然のことながら、積極的にコミュニケーションを図ることさえ難しくなる場合も少なくありません。

鏡を見ながら、透けている様子を目の当たりにすれば、たまたま光の当たり具合や、髪型の乱れ具合でそのように見えるだけにもかかわらず、「薄毛が進行したのでは・・」とクヨクヨしてしまうものであり、精神的にとてもナーバスとなった結果、日頃のコミュニケーションにも支障をきたしてしまうようになります。

このように薄毛をネガティブに捉えてしまうのは、欧米以上に薄毛に寛容ではない日本ならではの文化が多大に影響しているのでしょう。


どれが本当に効果が「ないか」を見極めろ

これだけ医学が発達した今日でさえ、薄毛について公式といえる治療法が編み出されないままであり、エビデンスがそれなりに伴っているものから、どう考えても怪しいものまで多々の薄毛対策に関する情報が氾濫していますが、それらを眺める上で留意すべきは、“どれが本当に効果のあるものであるのか”ではなく、“これは効果がないと思えるかどうか”を判断基準とすべき点でしょう。

なかでも気をつけなければならないのは、内服する薄毛治療薬です。

内服する以上は、何かしらの副作用の危険性が常に付きまといます。

このため、市販薬には国が認可を与える形で安全保障していたのですが、ネットが普及した今日、個人輸入という法律の抜け道を使って、薄毛に悩む人々が海外から何の保証もない薬を自分で取り寄せて内服しているケースも珍しくありません。

これを良いか悪いかで判断するならば、それぞれの考え方も関わってきますが、確実に言えるのは身体にとって良くないという点ではないでしょうか。


USG-BLOGで、薄毛の情報を知ろう

これから安全な薄毛治療に取り組んでいきたいとお考えであれば、男女問わずこれからの薄毛治療を提唱するサイトUSG-BLOGをご覧になってみてはいかがでしょうか。

同ブログでは、管理人さん自身の体験談を含めた、アンチ薄毛治療薬的な立場からの記述が見られますので、気になる方は是非とも目を通してみてください。

薄毛治療薬を使いづらい薄毛に悩んでいる女性であれば、男性以上にタメになるのではないかと思います。

USG-BLOGでは、ダイエットも薄毛の原因となりうる点など、男女問わず興味を持つだろうテーマのコンテンツが数多くレイアウトされています。



USG-BLOG

ワーキングプアを抜け出したいあなたへの警告。 会社の給料アップを目指して努力しても、無駄に終わる人ばかりだよ。

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
あやの「7つのお財布」実践ブログ 貧困女子からの脱出


 

ワーキングプアは、現状維持だとずっとそのまま



一度進む道を誤ってしまえば、その後のカバーがとても難しいのが日本の社会の実際のところです。

ワーキングプアと呼ばれる人々ほど、それを痛感しているのではないでしょうか。

会社の給与テーブルは決まってしまっているため、それが大幅に引き上げられるだけの劇的な企業成長がなければ、これから先の給与の大幅アップは望めません。

つまり、ワーキングプアであると自覚している人がそのまま同じ会社に勤務していてワーキングプアから脱却できる可能性などゼロに等しいのです。

だからといって、転職しようにも自分が望むような評価を受けられないのが辛いところです。

ワーキングプアと呼ばれるほど給与テーブルの低い企業にいたことは、キャリアアップを狙って応募した転職希望先の採用担当者からするとポジティブな要因としては映らないでしょう。

結局、一度でもワーキングプアと呼ばれる立場となってしまえば、いくら悪あがきしようとも、そのループからは抜け出せないのです。

しかし、例外が一つだけあります。

それは、自分でビジネスを持つことです。


他人の仕事をずっと続けるのか



副業に取り組んだことのない方も多くいらっしゃると思いますが、自分でビジネスを持つのはとても刺激的です。

その理由は、収入が青天井となるからに他なりません。

自分が努力した分だけ自分の収入となるのですから、自分の賃金にほとんど反映されることのなかったこれまでと比べて、経済的にも精神的にも落ち着いた状況が得られやすくなるでしょう。

ビジネスを持つというように書くと難しく思えるかもしれませんが、要は本業以外に収入を得られる方法を持てばいいだけのことです。

本業をしながら、他の収入減を作り上げるのは時間的に困難なようにも思えますが、投資であれば時間を過度に浪費することなく目標とする自分へと近づけるようになります。

ここで問題視しがちなのが、投資とは難しいのではないかという点でしょうが、参加者の多いFXであればそういった心配とも無縁です。

しかも、専門的な知識を大量に要するものでもありませんので、誰にでも収入増を図ることができる投資先といえます。


人生を変えられるのは、いつも最初の勇気だ



これまでワーキングプアと評されながら過ごしてきた人たちにとって、FXで成功して自由を手に入れるなど夢物語のように思えるかもしれませんが、コチラのブログ(あやの「7つのお財布」実践ブログ 貧困女子からの脱出)を運営している管理人さんのような方もいるので参考としてみてはいかがでしょうか。

あやの「7つのお財布」実践ブログ 貧困女子からの脱出”を運営する管理人さんは、かつてワーキングプアと呼ばれる層に属している貧困女子だったそうです。

しかし、現在ではFXで成功して自由と収入の両方を手に入れている成功者です。

この管理人さんが何か特別なことしていたかといえば、まったくそのようなことはありません。

FXの自動売買プログラムを利用しただけなので、具体的には口座を開設して入金を済ませた以外、何もしていないのです。

たったこれだけで多くの人々が理想とする生活を手に入れられているのですから。

皆さんも模倣してみてはいかがでしょうか。

上でも触れているよう、ワーキングプアとなってしまえばなかなかそこから抜け出すことはできません。

ところが、FXにチャレンジすれば、大きく運命を変えられるかもしれません。

企業が自分の都合のいいように雇用形態を調整した結果、不運にもワーキングプアとなってしまった人こそ、FXにチャレンジしてみるべきといえるのではないでしょうか。

今回ご紹介したブログの管理人さんのように、収入とライフスタイルの両方を手に入れてこれまでの諸々を見返してみましょう。



あやの「7つのお財布」実践ブログ 貧困女子からの脱出

仮想通貨の再ブームに乗り遅れるな!取引所の選び方・ビットコインの買い方をせめて知っておこう

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
仮想通貨でノマドワーカー ビットコインの買い方


 

投資の魅力を思い出せ

仮想通貨の値動きがネット上で話題となっているのを目の当たりにしつつ、参入しようかどうか迷っている方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

政府や中央銀行などが介入しない仮想通貨の世界は無秩序であると指摘されることもありますが、そういった批判を裏返してみると、未成熟なジャンルだからこそ存在する成長性がとても魅力的に思えてきます。

個人的な考えとして、投資対象としてメジャーな為替や株式は公的な力が働きすぎており、派手な値動きがとても生まれにくい環境となっているように思えます。

特に最近の為替の値動きを眺めている方であれば、この考え方に同調いただけるのではないでしょうか。

ここ数か月、まともな値幅のない日が重ねられているばかりであり、細々としたトレードが基本となることから、投資が本来持ち合わせているはずの一攫千金という魅力が完全に失われている状況が続いているのです。

思い通りの方向へ相場が動いた際、自分のポジションより有利な方向でストップ注文を出し、膨らんでいく含み益を眺めつつ至福の時間に浸るという機会も久しく訪れていません。

毎月のアメリカの雇用統計の日でさえ行ってこいの相場が続いているのを考えてみれば、これは構造的な問題としてしばらく同様であると判断しても差し支えないような気がしてきます。

一方的な値動きがあってこそ、投資の成功者となれるのを考えてみれば、それが頻繁に起こりうる仮想通貨市場こそ投資家が資金を投じる先であるといえます。


またチャンスを逃すのか、今度は手にするのか

仮想通貨は基本的にストロングホールドするものであり、中長期的な目線で大きな利益を狙うトレードであるといえます。

実際にこれまでの値動きをチャートで確認してみれば、ほぼすべてといっても過言ではない種類の仮想通貨において一方的なトレンドが発生しており、先んじて買っていれば莫大な利益を得られただろうと後悔に似たような感情を抱いてしまいます。

しかし、このような仮想通貨市場に参入しなかったのは自分の意思に他なりません。

あれだけ騒がれていた状況下、市場に参入しなかった皆さんはおそらくリスクを過大評価し過ぎていたのではないかと思いますが、それも仕方ないことです。

なぜなら、仮想通貨市場は良くわからないことが多すぎるためです。

仮想通貨は暗号通貨と呼ばれているように、ちょっと調べてみれば、わけのわからないカタカナばかりが並んでいますので、よくわからないものに種銭を突っ込むことなどできないと考えてしまうのは当然です。

だからといって、美味しい投資先であるのは事実なのですから、このまま指を咥えて眺めているだけなのがもったいないと思うなら、仮想通貨取引について知識を得ていかなければなりません。


仮想通貨の買い方を知りたい!

これから仮想通貨取引について勉強していこうという方におススメしたいのが、仮想通貨でノマドワーカー ビットコインの買い方というサイトです。

同サイトでは、仮想通貨の代表的存在であるビットコインの買い方をわかりやすく解説しており、 完全初心者が中級者になれるようなイメージで噛み砕いた情報をみることができますので、仮想通貨取引のアウトラインを知るのにとても便利です。

ザッと一部の内容を紹介してみると、まずは仮想通貨の取引所とは何なのか、どのように取引を進めていくのか、取引所ではどのような仮想通貨が取り扱われているのか、という情報や、海外の取引所でも安心して取引することができるのかどうか、現物取引とレバレッジを用いた取引の違いなどの情報が掲載されており、それぞれが誰にでもわかりやすい言葉に置き換えられていますので、仮想通貨に興味を持ったばかりの方には特にタメになるサイトといえるでしょう。


副業投資の魅力

今回、ご紹介した仮想通貨でノマドワーカーというサイトの名称にあるノマドワーカーとは、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを使って、自由な時間に好きな場所で仕事をしている人々を指す言葉です。

よく“副業で自由を手に入れよう”といったキャッチを目にする機会がありますが、これもノマドワーカーとなることを指しているのです。

煩わしい人間関係にも縛られず、時間の過ごし方も自分で決められるノマドワーカーは多くの人々にとって理想的な存在に他なりませんが、そのようになるには何かしらに成功しなければなりません。

成功を得るための主なルートは、本業から離れるための、副業を抱えて、その副業を本業へとシフトしていく道なので、まずはどのような副業に取り組むのかを考える必要があります。

副業について調べてみれば、かなり膨大な情報が出てくるものの、その多くが手間と時間をかけても何も得られないだろうと思われるものばかりです。

特にネックとなるのが、時間をかけなければならない点でしょう。

本業を抱えている以上、働いている時間は副業にかけられませんし、自由時間をどうにか増やそうと無理をしてしまえば、本業に支障が出てしまうことも懸念されます。

これらの課題をすべてクリアにできるのが、副業として投資を行うことに他なりません。


お金ではなく、手に入れるのは自由

投資で成功すれば、自然と自由が手に入ります。

これを実現するための投資先を探した場合、仮想通貨市場がピッタリな理由については上でも触れているよう、大きなトレンドが生まれやすいからです。

しかも、購入した側(買いポジション)に対して大きなトレンドが発生するため、仮想通貨は購入してそのまま持っておくだけでいいのですから、本業に支障をきたすような時間をかける必要もありません。

仮想通貨は多くの人々にとって身近ではないかもしれませんが、そのような状況だからこそいち早く手を出しておくことで先行者利益が得られるのです。

少額からでも仮想通貨取引はできますので、まずは触ってみてはいかがでしょうか。

実際に触ってみることで、その後のヒントとなる多くの情報が得られるようになるでしょう。

仮想通貨でノマドワーカー ビットコインの買い方を読み進めていけば、まず仮想通貨を触ってみるまでの流れはしっかり把握できますので、是非ご覧になってみてください。


仮想通貨でノマドワーカー ビットコインの買い方

ネオコーポレーションの新電力で電気代が安くなりました

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
ネオコーポレーション


 

電力自由化により、今では電気の買い先も個人が選ぶ時代へ

事業所を設けるため、新たな住まいとするためなどの目的で不動産物件を契約して入居してみると、入居時から電気が使えるようになっています。

既成概念的なものとして、電力を供給しているのはその地を管轄する電力会社であるとの思いこみもありますので、ほとんどの人が電気についてはそのままとしてしまっています。

この結果、電気代が高いと思っても、それはどうしようもないものと考える以外の選択肢も失われてしまいます。

きっと皆さんも電力自由化という言葉は聞いたことがあると思いますが、これは電気の発電と小売りの自由競争を可能にするために進められてきた電力改革であり、大手電力会社以外からも電気の供給先を選択できるようになっています。


電力自由化のメリット

電力自由化における最大の利点は、なんといっても電気料金が安くなることに他なりません。

ある者が市場を独占している状態では、その者の言い値でモノを買わざるを得ませんが、自由競争下では自ずと価格競争が起こります。

電力の場合には、電力の供給という目的さえ叶えられれば、あとは価格での競争となるため、自由化に伴って電力事業に参加した各社はとてもリーズナブルな供給プランの提示を行っています。

そのような会社の代表的な存在となるのが、ネオコーポレーションであり、同社は全国各地で電気料金を安くしたいと考えている人々に向けて最適な電気料金プランの提案を行っている会社です。


電気代を安くしたいなら、今すぐ行動を!

より詳しくはネオコーポレーションのホームページをご覧いただければわかりやすいのですが、同社に相談することで得られるメリットはかなり大きいといえます。

なぜなら、“ただ電気料金が安くなるから”です。

電気の契約先を変更したからといって、それから使用できる電気の種類が変わってくるわけでもありません。

従来と同じ送電設備を通じて電気が送られてくるため、これまでとまったく同じように電気が利用できますので、電気料が引き下がることによって失われる何かが存在しないのですから、まさに安いに越したことがありません。


事業者は、カットしたコストで本事業に注力できる

特に大量の電力を必要とする事業者であれば、ランニングコストが引き下がるのですから、まずはネオ・コーポレーションに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

カットできたコストを商品やサービスの質の向上に投じたり、それらの価格を引き下げるなどすれば、より事業者としての競争力を得られるようになるでしょう。

また、自社のために頑張っている社員への報酬に充てるのも、生産性の向上を図るための施策として効果が期待できます。


実際に見積もりを取るにあたって、ネオ・コーポレーションの実績とは?

ネオコーポレーションは事業者・一般家庭を含め、これまで16万件以上の電気料金の引き下げに取り組んできた実績のある会社なので、初めて同社に問い合わせてみようと思う方でも安心して問い合わせることができます。

主に事業所を中心とする顧客を相手にしながら16万件もの数を重ねてきたことこそ、同社が信用に値することの証といえるのではないでしょうか。

事業所の場合、様々なケースを考慮しながら担当者間で協議しつつ最終的な意思決定を行うものなので、ネオ・コーポレーションの提案がそれだけ理にかなっていたからこそ、次々と契約を重ねてくることができたといえます。

電力自由化による恩恵はまだ多くの人々に行き渡っていないようにも思えますが、このような状況だからこそ、事業者の皆さんは電力の供給先についてこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。

ネオ・コーポレーションのサイト内には電気料金のシュミレーションもありますので、まずは削減できる電気料金を把握するところからスタートしてみましょう。


ネオコーポレーション

スーツ代は経費にならないのか – ほか


今日取り上げた記事のランダム流し読みリンク
1 2 3 4 5 6 265