Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 3 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
『ちょっと働く いっぱい遊ぶ』,『ピピピピピの爽やかな日記帳』
↑個人的に今注目しているブログ↑


お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

お世話になっているサイト様の最新記事
パートナーサイトSuzie様の最新記事

忙しい人に人気上昇中の宅配クリーニング

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
ココが安い!宅配クリーニング


 

宅配クリーニングって知ってる?

最近、皆さんはクリーニング店に足を向けているでしょうか。

もっと気持ち良い毎日を過ごしていきたいと思いながらも、あれこれと時間に追われているうちに、そのような私たちの“もっと”を叶えてくれるサービスは遠ざかっていくことがあるものであり、その代表格がクリーニングであるといえるかもしれません。

きっと自宅に洗濯機はあるでしょうが、洗濯機ではケアしきれないからこそクリーニングに出すわけです。

しかし、身近にあるようで、忙しい人たちにとって使い勝手は決して良くないでしょう。

既存のクリーニング店の使い勝手の悪さは大きく2つ挙げられます。

まず一つ目は、営業時間の問題です。

閉店時刻が早いため、仕事から帰って、クリーニング店へ向かうことはほぼできません。

次に、クリーニング店が提供してくれるサービスの幅が行き届いていないことがあります。

基本的には自分で衣類をお店に出して、仕上がり時に取りに行かなければなりません。

一部のクリーニング店ではクリーニング済みのものを届けてくれたりしますが、お店に出すまでの作業負担は利用者に強いられていることがほとんどです。


便利さの次に求めるのは、安さ・品質!

上記のよう、サービスの品質自体に問題を抱えていたわけですから、それらをカバーしようとする業者が参入してくるのが当たり前であり、宅配クリーニングというサービスを展開している業者がそれにあたります。

言葉から連想できる内容そのまま、クリーニングしたい衣類などを自宅から出して自宅まで届けてくれるシステムですので、忙しい人にとって嬉しいこと限りないのではないでしょうか。

こちらの“ココが安い!宅配クリーニング”というサイトでは宅配クリーニング業者をいくつも比較しながら掲載されていますので、興味のある方は是非ご覧になってみてください。

同サイトではその名称の通り、価格面を重視しながらサービス面においても優れた先を掲載しており、とても参考になります。

その内容を見てみれば、まずは価格に驚く方が多いのではないでしょうか。

宅配サービスなのですから、直接お店に行くよりも割高であると思ってしまいがちなのですが、まったく正反対であり、宅配クリーニングを利用したほうが街のクリーニング店を利用するよりずっと安く済むのです。

初回限定割引などお得な特典についても同サイトで取り上げられています。

普段の生活だけではなかなか目にすることのないサービスであるだけに、知っている人だけが得をできるものといえるでしょう。




便利さもまた、ファッションだ。




ココが安い!宅配クリーニング

お金がないときの対処法

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
182日目の景色


 

ある日突然、収入がなくなったら

突然ではありますが、もしもお金がなくなったら、その後はどのような行動をしていけばいいのか考えたことはありますでしょうか。

きっと、なんとなくイメージしてみたことのある人は多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、具体的に目の前に差し迫った問題として対策を講じてみた方はどれほどいるのでしょうか。

実際に自分自身が資金ショートしてしまう危険性が現実的なものとならない限りは、いつまでも曖昧なまま他人事として考えがちなのがお金の問題です。

差し迫る支払期日と、目途の立たない入金予定に挟まれてしまえば、その後についての冷静な判断はしづらくなるものです。

このような状況に陥った際、重視すべきは過去に同様の状況であった先人の経験則に他なりません。

なぜなら、法律上において大きな変化が存在しないのですから、債権者サイドの出方がいくらかパターン化されており、その対応策についてもマニュアル的なものが存在しているためです。

今回、皆さまにご紹介させていただきたいのが、182日目の景色というサイトに掲載されている、本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法という記事です。

こちらの管理人さんは月収から考えると規模の合わない借金を背負いながら、自己破産を目前にしつつもそこから這い上がってきた方であり、その実録ともいうべき、お金がない時の行動マニュアル集が細やかな場合分けとともに上記記事内にて掲載されております。

経験者の実録

まず、何をしたかが赤裸々に綴られていますが、なるほど、と思わせる内容であり、以降のコンテンツにおける信憑性も高めてくれるものでした。

借金をはじめとする金銭問題は、債権者から逃げるような手法では問題を大きくするばかりであり、その後の解決に何一つ結び付いていきません。

何より大切なのは、その問題と向き合い、債権者としっかり話し合いながら自分自身の将来も保全していこうとする交渉に他なりません。

こちらの管理人さんは不動産を所有していたため、それを手放さないようにするために債権者との積極的な協議を重ねてきたとのことであり、常識的かつ実務的に考えても最優先すべき事項が守られています。

マネートラブルというジャンルではフィクションな内容を多く見かけますが、182日目の景色はそうではないという理由ともいえます。

経験者しか知り得ない物事の流れが記載されているのです。

その場しのぎにならない、先を見据えたしのぎ方を

同サイトでは誰でも思いつきそうな4つの手法がまず掲載されていますが、それらが紹介されている順序もまた、お金がない人が採るべきステップ順となっているのも興味深く感じます。

まずは自力で、その後は縁故関係より、身内でダメなら業者を頼りとし、それでも無理なら支払いを免れる、といった順はとても筋が通ったものといえるでしょう。

しかし、もっとも興味深いのは、短期資金で生活を切り盛りしながら、中・長期的な資金を調達するといった内容です。

お金についての種別を意識しながら、その後のバランスを図っていく手法はなかなかイメージしづらいのではないでしょうか。

特に、そういった問題に直面している当事者であれば、“貧すれば鈍する”という言葉にも象徴されているように、正しい選択がなおさらできないものです。

上でチラッと触れた中・長期資金の調達とは、言い換えれば稼ぐということに他なりません。

182日目の景色では、ネットを通じて稼いでいくためのノウハウが凝縮されていますので、ネットビジネスに憧れのある方にもきっと今後の参考としていけるかと思います。

同サイトの管理人さんが巨額の借金を完済し、現在は悠々自適の生活を送っている、その理由とノウハウを学んでみてはいかがでしょうか。




始まりは、暗闇からだった。




182日目の景色

「グーグル検索で上位を狙って書いた記事が全くだめだった」という話 ほか

死亡届書の出し方 ほか

我々はナースである前に女子なのだ

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
我々はナースである前に女子なのだ


 

ナースだって、女の子。

あまりに頼りがいがありすぎて、私たち一般人はナースさんに対して特別な見方をしてしまうことが多くありますが、それは頼られる側であるナースさん自身にとって大きなプレッシャーとやりがいを感じられる瞬間となっているのではないでしょうか。

しかし、このような刺激的な時間を過ごしていると、あっという間に月日ばかりが経過してしまうものです。

そのせいか、ふとしたときにナースさんは自分自身が職業以前に女性であることを深く考えてしまうようです。

これらのパラドックスは諸々の要素が深く入り組んで生じているわけですが、自分一人で問題の解消を図ろうとしたところで現実に押し流されるため、なかなか思うようにはいかないでしょう。


現役ナースにぜひ読んでほしいサイト

ナースとして活躍されている皆さまに是非おススメしたいのが、→Ns部Ns部というサイトです。

こちらでは、“我々はナースである前に女子なのだ”というコンセプトのもとで運営されており、ナースとしてのキャリアを重ねていくためのステップアップ術や、より賢く生きていくためのノウハウ、子育て情報など、女性ならではのライフステージそれぞれを充実させていくための情報が盛りだくさんの内容となっています。

職業柄、接さなければならない場面でありながら、誰かに自分自身がどうあるべきか相談しづらいエンゼルケアの技術についての記事は目を通しておいて損はないことでしょう。

また、ターミナルケアの完全手引きというコンテンツも人気を集めているようです。

これからの超高齢化社会に備えて数多くのナースさんが問題意識を持ちながら情報収集に努めている今日、有益な情報が見やすくレイアウトされているNs部はきっと多くの方々にとって参考となるでしょう。


師長の年収ってどれくらいか知ってる?

より誰かに話しづらい内容といえば、やはりナースとしてのキャリアアップ術ではないでしょうか。

病院内での人間関係がギクシャクしないように自分の出世について同僚から意見を引き出すのは至難の業です。

しかし、最短距離を辿っていくためには精度の確かな情報を得て、それに沿ったステップを歩むように心がけていかなくてはなりません。

実は、Ns部は元ナースとキャリアカウンセラーが共同で運営しているサイトですので、とても実務的な出世術が掲載されていますし、それが実現して師長となった際の年収時事情なども赤裸々に記されています。

サイトを開けばおわかりになるかと思いますが、右サイドバーに多数のカテゴリが存在しています。

是非、興味ある情報を探してみてください。




ガンバレ、わたし。




我々はナースである前に女子なのだ

1 2 3 4 5 6 272