Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 4 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

営業を今以上に効率化するには!?営業ツール「Sugar Spot」でできること

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
営業ツール


 

営業活動を効率化したい!

インターネットでモノやサービスを購入するのが当たり前となってきた今日、消費者は自分が必要とするものを自分で探して興味のある事業者に自らアプローチするのが一般的となってきているので、以前に比べて成約までの道のりは難しくなったといえます。

このため一件の見込み客についてより時間をかけて成約を獲得したいと思うところですが、働き方改革の提唱などにより、営業担当者にとってより働きやすい環境づくりを経営者側が意識しなくてはならなくなったので、更に営業環境は厳しいモノになりました。

もちろん長時間労働、気合・根性などの精神論が通用するはずもありません。

このような状況において従来以上の営業成績を確保するのは、いかに効率的な営業活動を実践できるかどうかにかかってきます。


営業ツールという選択

営業活動の効率化を図るには人的管理だけでは限度があるので、何かしらの営業ツールを利用するのがおススメです。

パソコンやスマホから営業情報を共有したり、進捗状況を記録したりすることで営業チーム全体の効率化を図りやすくなるため営業管理ツールは人気を集めており、今日では多々のツールがリリースされていますので、自社に合ったものを選びやすくなっています。

営業管理ツールと聞いてコストが高すぎる、中小企業には必要のないものである、といった考えを持つ管理職の方もいらっしゃるでしょうが、Sugar Spotという中小企業にもピッタリの営業ツールがリリースされていますので、是非ご覧になってみてください。


営業ツールでどう効率化できる?

Sugar Spotは訪問先に入る前に前回のアプローチでどのような話をしたのか、担当者がどのような人だったのかなどを確認できるため、訪問するたびに信用を蓄積しやすくなります。

スマホから送信するだけで名刺登録ができたり、訪問時の状況を入力したり、しばらく訪問していない先を抽出して表示させたりといった具合に、営業活動に必要なアクションを網羅していますので、日々の営業活動のサポート役を安心して任せることができます。

何より、手頃な価格で導入できるのが嬉しいポイントです。

これまでコストがネックになって営業管理ツールの導入に踏み切れないでいた中小企業もお試し感覚で利用しやすい価格設定となっていますので、この機会にSugar Spotの詳細を確認し、ツールの威力を試してみてはいかがでしょうか。




営業ツール

キャンプ初心者が知っておくべきアウトドア知識超入門!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
ぱらふぁむキャンプ


 

密にならないアウトドア、キャンプが大流行!

新型コロナウイルスの流行に伴い、他人といかに接することがないように暮らしていくかも注目されている今日、レジャーのあり方も見直されています。

自分の自由な時間を楽しむにあたって、かつてのように人混みのある場所へと足を運ぶこともできず、アウトドアに目を向けている方も多いのではないでしょうか。

近年、アウトドアで各種メディアに最も取り上げられているのがキャンプです。

某芸人がひとりキャンプをYOUTUBEで流していたところ、半ば忘れ去られかけていたのに人気を取り戻し、テレビにもたびたび登場しているのをご存じの方も多いと思います。

小学生や中学生の頃、学校行事でキャンプをやった経験のある方も少なくないので、キャンプはなんだか身近なものであると思える一方、いざチャレンジしようと思えば、かなりハードルの高いものであると気付かされます。

皆さまがお住まいの地域にも“キャンプ場”と名付けられたスポットがあるかと思いますが、そこを利用しようにも、何から準備すればいいのかわかりませんし、いざ目的地に到着してから何をすればいいのかもわからないものです。

やはり、受け身的にキャンプに参加していた経験だけでは、なかなか思い通りのキャンプを楽しむことはできません。


キャンプ初心者はどうすればいい?

これからキャンプにチャレンジしてみようとお考えの方にピッタリのサイトがあるので、ご紹介したいと思います。

ぱらふぁむキャンプというブログは、初心者夫婦がアウトドアを楽しみながら、キャンプギアのレビューや自作キャンプギア製作記録、キャンプや車中泊の基礎知識などを発信しているので、キャンプに興味のある方であれば、とてもタメになる情報を得ることができます。

管理人さんの本業は鉄工ものづくり関係とのことで、そのスキルを活かしてランタンスタンドを自作しているなど、キャンプ初心者でなくても楽しめるコンテンツが掲載されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

個人的に面白かったのは、“キャンプや車中泊のアウトドアを趣味にしてから人生が楽しくなった話。

”という記事でした。

管理人さんはもともとアウトドアが好きだったわけではなく、むしろゲーム大好きなインドア派だったものの、一度の車中泊をきっかけにキャンプにはまっていったそうです。

ご夫婦でキャンプ(アウトドア)を趣味として共有するようになったのも大きかったのでしょうが、それまでと方向性が正反対ともいえる新しい趣味へと没頭していく過程はとても興味深かったです。

もちろん、キャンプそのものに大きな魅力を感じられたからこそ、継続してハマることができているわけですが、管理人さんによるとキャンプの魅力は、“非日常的な時間・空間を味わえる”、“スキル向上で災害対策にもなる”、“とにかく自由!人それぞれの楽しみ方がある”という3点が挙げられるようです。

これらの理由を眺めているだけでも、私たちの日常にはなかなか存在しない要素ばかりなので、キャンプがこれだけ多くの人々から人気を集めているのも頷けます。


初心者目線で、同じ立場でわかるキャンプ知識

ぱらふぁむキャンプがキャンプデビューをご検討されている方やキャンプ初心者の方にとてもおススメな理由となるのが、同じキャンプ初心者の目線で記事が書かれている点です。

例えば、キャンプに欠かせないツールについて、初心者目線で書かれているか、玄人の視線で描かれているかで大きく異なってくるためです。

キャンプギアに限らず、玄人にとって使いやすくても、素人にとっては使いづらいものがあり、玄人の意見を参考に素人がそのツールを購入した結果、まったく使えないという場合も十分あり得ます。

特にキャンプの場合、現地で必須となるツールも少なくなく、いざ現地で使おうと思ったところ、事前のイメージ通りに使うことができないこととなってしまいかねないので、事前に十分な情報収集をして自分に合ったツールを用意しなくてはなりません。

ここで必要となるのが自分と同じような目線の情報であり、ぱらふぁむキャンプをチェックしていればツール選びの失敗も避けやすくなります。


知っておくべきこと、知らなきゃならないこと

ぱらふぁむキャンプにはキャンプのことだけでなく、コテージやバンガローを使用する際に知っておくべき情報や、アパートやマンションのベランダで焼き肉ができるかどうか、車の運転中にカーテンやサンシェードを取り付けると捕まる可能性があるなど、知っておくだけで生活に反映させられる情報も多く掲載されていますので、是非この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。

コロナ禍でこれまでの趣味もいくらか制限されつつありますが、代わりに興味を持つことのできる何かを見つけられれば、今後の選択肢がより増えるはずです。

その候補のひとつに他ならないアウトドアに目を向けることで、新しい楽しみを得られるようになるかもしれません。




ぱらふぁむキャンプ

ふるさと納税って実際どうなの?戦略買物日記で詳しく知ろう!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
戦略買物日記


 

ふるさと納税について詳しく知ろう!



税金を支払うのであれば、ふるさと納税を利用するのがかなりおススメです。

納税と名付けられているものの、実際には寄付となりますが、寄付金額分について所得税の還付、住民税の控除を受けられるため、事実上の納税と同一の取り扱いとなります。

寄付する先は自分が好きな自治体を選ぶことができ、それぞれの自治体では御礼の品として地域の名産品を届けてくれるので、ただお金を支払うだけでないお得感を得られます。

全国の自治体がそれぞれ自慢の品々を取り揃えて寄付を募っているので、寄付先の選択肢がとても豊富であり、それらを眺めているだけでもかなり楽しめますが、いざ絞り込もうとした場合、かなり迷ってしまいます。

あれもこれも魅力的に思えてしまうので、なかなか決められないからです。

また、“わからないものには手を出さない”と慎重になってしまった結果、期限の到来に伴い、いつも通りの納税を済ませて終わってしまう場合もあり得るでしょう。

ふるさと納税について興味があれば、「戦略買物日記」をご覧になってみるのがおススメです。


ふるさと納税で実際に何がもらえる?



戦略買物日記」はふるさと納税を実践している管理人さんが運営しているサイトであり、ふるさと納税によって寄付先から届けられた御礼の品についても多数アップされているので、自分がふるさと納税してからの流れをよりイメージしやすくなります。

沖縄へのふるさと納税でマンゴー、香川県観音寺市からの御礼の品である完熟桃、北海道からはローストビーフ、佐賀県からは佐賀牛定期便、香川県からフルーツ定期便といった具合に、ふるさと納税はとても魅力的な品々が届けられます。

管理人さんは多数の自治体にふるさと納税を行っているようで、これらの品々が届いた様子を画像付きで紹介してくださっているので、皆さまも是非ご覧になってみてください。

「戦略買物日記」に掲載されている品々だけを見ても、日本全国の自治体がとても魅力的な御礼の品を用意しているのがわかります。


どうせもらえるものならもらっておこう?

実際に「戦略買物日記」を眺めてみれば、ふるさと納税をしないことがいかに損であるかわかると思います。

会社勤めの方であれば、何もかも会社任せにしており、住民税や所得税などは給与天引きされているだけという場合も少なくないでしょう。

そのままの状況でいるのも別に悪いことではありませんが、ふるさと納税による魅力的な品々を得られるのに、それらを放棄している状況は避けたいところです。

ふるさと納税するだけで、なかなか口にできない本場の味をラインナップ豊富に味わうことができるのですから、この機会に皆さまもふるさと納税について詳しく知ってみてはいかがでしょうか。


楽天ふるさと納税がなぜおすすめ?



戦略買物日記」には、ふるさと納税をよりお得に実践できる方法も紹介されています。

その方法は「楽天ふるさと納税」の利用です。

5と0のつく日に楽天カードでふるさと納税を行うなど工夫することで、楽天ポイントがかなり溜められるようです。

詳しくはサイト内に紹介されていますので、皆さまも是非チェックしてみてください。

満足度の高い御礼の品を用意している自治体も紹介されているため、はじめてのふるさと納税先選びにも利用できます。

「戦略買物日記」ではふるさと納税に関する記事以外に、グルメ情報も充実しています。

人気店のグルメについても豊富な画像とともに紹介してくれているので、“今度、ここに行ってみよう”と思えるお店情報も知ることができます。

なかでもスイーツ情報が充実しているので、皆さまも是非ご覧になってみてください。




戦略買物日記

おすすめの外構業者って?外構、エクステリア情報.comが詳しく解説!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
【簡単】外構業者の探し方3選&おすすめの選び方14選!!


 

家を建てるとき、外溝に気を向けてる?

住宅を建てる際、土地を用意して家屋を建築するだけでなく、快適な暮らしができるよう住宅設備を設けなくてはなりません。

加えて、もう一点大切なのが、外溝です。

外溝とは敷地の家屋以外の部分であり、エクステリアという呼称で呼ばれていることもあります。

新築する場合に外溝も整備するケースが多いため、あまり外溝業者について考えたことのある方は多くないかもしれませんが、その理由はハウスメーカーの下請けの外溝業者が整備を担っているケースが多いからです。

特にこだわりがなければ、日頃のメンテナンスもホームセンターで完結しやすい部分なので、外溝業者を意識したことがなくても仕方ないかもしれませんが、より良い住環境をお求めであれば、優れた外溝業者選びは欠かせません。

ハウスメーカーの下請けとなれば予算の都合で理想のエクステリアを実現しづらく、自宅を取り囲むエクステリアが自分の理想と乖離しやすくなってしまいますし、どことなくハウスメーカーの言いなりになってしまうのも気持ち良いものではありません。

反面、しっかりと業者選びに力を入れれば、外溝にかける費用を抑えながら、よりこだわったエクステリアを実現しやすくなります。


家を建てるとき、外溝に気を向けてる?

外溝業者選びについて興味を持っているなら、まず閲覧すべきなのが“外構、エクステリア情報.com”というサイトの“【簡単】外構業者の探し方3選&おすすめの選び方14選!!”です。

エクステリアプランナー資格を取得し、外構、リフォーム評論家として活動されている管理人さんが運営しているサイトなので、とても精度の高い情報を得ることができます。

”外構業者の探し方で、絶対に失敗しない3つの方法”、”外構工事業者の選び方で犯してはいけない4つの間違い”といったタメになる情報を見られますので、より快適な住環境を探している方にはとても有益だと思います。

外溝業者についてこれまで何も知らなかったという方でも、必要な情報を効率よく収集できますので、まずは一度、“外構、エクステリア情報.com”へと訪れてみてください。

閲覧してみても、外溝業者選びについてピンとこない方がいらっしゃるかもしれませんが、同サイトの外構業者一括見積もり7サービスのおすすめランキング&比較という記事を見て利用すれば、複数の業者の見積りを比較できるようになるため、優劣をより判断しやすくなります。




【簡単】外構業者の探し方3選&おすすめの選び方14選!!

韓国語を独学で学ぶ初心者におすすめのお役立ち学習サイト

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
~チョアカムサ~韓国語の勉強で遠まわりしないコツ


 

興味で始めると習得が早い韓国語

定期的に韓流ブームが押し寄せており、既に隣国のエンターテイメントにハマってしまったという方も少なくないと思います

もっとそれらを楽しむためのコツは、韓国語を習得することに他なりません

言語のわからない他国のものにハマるからこそ、その言語を習得することで他の日本人ファンのあいだでは共有できていない楽しみを見つけられるため、より一層楽しめるようになります

学校で英語を学んだ結果、まったく面白くなかった、全然身につかなかった、という方も多数いらっしゃると思いますが、自分が興味を持った対象を理解するために言語を学ぶのと学校で強制的に学ばせられるのとは履修度が異なってきますので、これから韓国語を勉強したいと思うかどうかだけが大事です


まずは独学で気軽に始めてみよう

韓国語を学び始めたいとちょっとでもお考えであれば、韓国語を独学で学ぶ初心者におすすめのお役立ち学習サイトである“~チョアカムサ~韓国語の勉強で遠まわりしないコツ”をチェックしてみてください

こちらのサイトを管理しているのは、独学で初歩から韓国語を学んだ方であり、当初は名前を名乗るだけで精一杯だったものの、現在では生きていくのに困らない程度の韓国語を習得されているそうです

しかし、管理人さんも“自分なんかが本当に韓国語を習得できるんだろうか…”と何度も挫折しそうになったとのこと

このような管理人さんが独学で韓国語を習得したノウハウを紹介してくださっているので、きっと皆さんも自分に置き換えながら学習に必要なノウハウを取捨選択しやすいと思います

今の時代、もっとわかりやすい解説やまとめの掲載されているサイトを探し、それらを読みあさって自分のスキルへと取りこんでいくのがひとつの勉強法ですが、そのときチェックすべきサイトは日に日に新しくなっています

なぜなら、“もっとわかりやすいサイトを”との想いで、誰かがそのスキルをより簡単に習得できるサイトづくりに取り組んでいるからです

そのひとつが今回ご紹介した“~チョアカムサ~韓国語の勉強で遠まわりしないコツ”に他なりません

韓国語を習得したい方のために、よりわかりやすい韓国語学習のノウハウを多数紹介するサイトとなっておりますので、是非チェックしてみてください




~チョアカムサ~韓国語の勉強で遠まわりしないコツ

給与明細/源泉徴収票をWEBで閲覧するサービス「e-navi給与明細」の凄いところ

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
e-navi給与明細


 

日々の経理業務、効率化できることは?


経理担当者は記帳や出納管理などの日次業務をこなすだけでも大変ですが、そこに月次業務が混ざってくるので、時期によっては慌ただしいスケジュールに身も心も疲弊してしまうものです

しかも、お金を取り扱う部門だけに間違いが許されません

請求書の金額、見積書の発行はもちろん、伝票に記載する数字ひとつひとつも正確さを要求されます

ちょっと金額がずれてしまえば集計時に金額が合わないことになり、その原因を探さなくてはならず、余計に手間をかけるはめになってしまいかねません

大企業の場合には経理業務が細分化されているのでひとつひとつの業務がスムーズかつスピーディーに進めやすいものの、中小企業の場合にはそうはいきません

規模が小さくなればなるほど、経理以外の業務も兼任しなければならず、ひとつひとつの業務にかけられる時間もどうしても短くなってしまいます

こうなってくるとミスを誘発しやすくなるため、会社全体として経理担当者の負担を減らすよう策を講じたほうが全体の生産性を維持・向上させやすくなります

経理担当者の負担を減らすには、“この仕事、本当に必要なのか…”と思う業務を棚卸し、その業務を自動化・効率化できないかどうかを見直していきます

そうすると、改善すべき点が見えやすいのが給与明細や源泉徴収票の作成と配布です


渡される側にとってもありがたい給与明細の電子化

このペーパーレス化の時代に、従業員ひとりひとりに向けた書類をいちいち作成して本人に渡さなくてはならないのは非合理的です

加えて、コロナ禍の今日、リモートワークがすっかり浸透してオフィスに出てこない従業員も多くなっているのですから、給与明細や源泉徴収票を渡すタイミングを計らなくてはなりませんし、場合によっては郵送の手配をしなくてはならず、余計に面倒なものとなっています

紙媒体の資料は渡される側にとっても厄介なものです

給与明細を保管する人にとっては紛失しないように留意しなくてはなりませんし、保管しておらず目をまともに通していない人にとってはゴミになってしまいます

源泉徴収票の場合には自身で確定申告を行う場合などに用いますが、紛失してしまうと再発行を申し出なくてはならないので、とても厄介な書類です

給与明細や源泉徴収票はサラリーマンであればそれほど重要な書類ではなかったかもしれませんが、副業が一般的になってきた今日、自分で確定申告を行わなくてはならないケースも増えてくるので、より重要性を増しています

これらの多々の面倒を解決するために、給与明細や源泉徴収票をインターネット上で閲覧できるサービスがリリースされていますので、簡単にご紹介したいと思います


特別な操作のいらない「e-navi給与明細」



WEB給与明細サービス「e-navi給与明細」は、給与ソフトで作成された給与明細・賞与明細・源泉徴収票を電子化し、パソコンやスマホで閲覧できるようにするクラウドサービスです

このサービスを利用するにあたって、専用の操作方法を新規に習得する必要はありません

企業規模を問わず、何かしらの給与ソフトを使用して給与明細や源泉徴収票を作成しているケースが多くありますが、e-navi給与明細はそれらの給与ソフトから作成したデータをCSVファイルで出力して取りこみ、公開日時を指定するだけで給与明細や源泉徴収票の作成が終了します

弥生給与、給与奉行i、給与応援、給料王、PCA給与、ZeeM人事給与などメジャーな給与ソフトに対応しているので、多くの事業所においてスムーズに取り入れやすいのも魅力です

e-navi給与明細で作成した給与明細や源泉徴収票は従業員それぞれが自分専用のページへとログインすることで確認でき、最長で過去3年分のデータを閲覧できるため、後々の何かしらの手続きの際に書類の紛失に気付いて困ったり、再発行を申し出て経理担当者の業務を圧迫したり、といった不都合も生じづらくなります

もちろんセキュリティ面についても万全の対応が講じられているので、個人情報の流出についてもe-navi給与明細の利用は安心です


一人当たり30円の低コスト

e-navi給与明細のホームページには具体的な導入事例や利用して良かったと思える点も紹介されているので、是非ご覧になってみてください

紙代・郵送代などコスト削減、作業時間の大幅削減、支払日に確実に配布が可能といった3点が満足できた主なポイントとなっていますが、これらのメリットを得られるのであれば経理担当者の負担はかなり減りますので、作業効率の向上を期待できるため、目に見えないコスト削減効果も得られるはずです

加えて、e-navi給与明細がとてもリーズナブルな料金体系となっているのを知れば、これまでの手作業にかかる労務コストと比較し、導入しないほうが損であると理解しやすくなります

e-navi給与明細のWEB版(クラウド)は、初期費用+月額従量課金となっており、初期費用こそ5万円かかるものの、月額従量課金分については一人当たり30円となっていますので、給与明細を郵送するための一人当たりの月額コストで考えるとおつりが出ますし、書類作成に5分かけるとしてもe-navi給与明細のほうがずっとお得であるとわかります

もちろん給与明細の発行は一回限りではないので継続的な利用が前提となるものの、e-navi給与明細の利用期間が長くなるほど初期費用分も回収しやすくなるので、とてもコスト感覚に優れた便利なサービスだといえます

使い方に応じて若干の変動があるようですが、事前にお見積フォームを利用すれば、具体的にいくらかかるのかが見えやすくなります



しばらくはコロナ以前の状態に戻らないでしょうし、戻ったとしても出社が必須であるという従来の考え方まで遡ることも考えられない状況下、リモートで対応できるオフィス機能はより重要性を増していくと考えられます

そのひとつであるe-navi給与明細を皆さまも試してみてはいかがでしょうか

2週間の無料お試しもできるので、実際に使用してみて導入の可否を判断できます




e-navi給与明細

ブックメーカー日本へようこそ!日本人向けのブックメーカーを比較するサイトを紹介します!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
ブックメーカー日本


 

ブックメーカーって?イギリスの競馬場で誕生したギャンブル

ブックメーカーとは1790年代にイギリスの競馬場で誕生したギャンブルであり、今日ではスポーツ全般を対象に賭けられるようになっています

スポーツベッティングと呼ばれることもあり、イギリスではパブに集まってライブ中継を見ながら試合の予想を楽しんでいる光景も見られます

日本のギャンブルでいえば競馬がもっとも近い存在ですが、パチンコ屋があちらこちらで営業しているギャンブル大国日本において、スポーツベッティングは違法となっています

しかし、オンラインのブックメーカーであれば、日本国内からでもスポーツベッティングに興じることができます

似たようなシステムである、オンラインカジノをイメージすれば、日本にいながらブックメーカーでギャンブルを楽しむのが合法であるのは理解しやすいのではないでしょうか


ブックメーカーで安全にギャンブルを楽しむ

オンラインカジノもそうですが、ブックメーカーは海外のサイトを利用して自分のお金を動かすわけですから、信用できる先でなければなりませんし、入出金や遊び方などの利用方法がわかりやすい先である必要があります

また、ブックメーカーがどのようなものであるか理解を深めなければ、安心して遊べるはずがありません

やや面倒に思えるかもしれませんが、これらの作業を効率的に終えられるのが、ブックメーカー日本という日本ブックメーカー情報サイトです

実際にサイトを訪れていただければわかりやすいのですが、ブックメーカーについてのわかりやすい説明とともに、日本人が安心して利用できるブックメーカーについても紹介されているので、ブックメーカー日本さえチェックすれば、すぐにでもブックメーカーでのギャンブルを楽しむことができます


スポーツの勝敗を当てろ!

海外のブックメーカーといっても、私たちにとって身近なスポーツがベットの対象となっているようです

例えば、プロ野球やJリーグの勝敗に賭けられるようになるので、スポーツが好きな方であれば新たな楽しみを得られます

ギャンブル大国である日本の市場を開拓しようと、ブックメーカーも日本人向けサービスを充実させているようなので、気になる方は是非ブックメーカー日本をご覧になってみてください

完全日本語対応、カスタマーサポートも日本語で対応しているブックメーカーもあるようなので、誰でも気軽に新たなギャンブルを楽しむことができます




ブックメーカー日本

1 2 3 4 5 6 7 291