Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 4 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

遺品整理は普通の片付けと大違い!相続トラブルにも発展しかねないので、遺品整理業者に頼むのがベスト

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
遺品整理さくら


 

やったことのある人ならわかる、遺品整理の大変さ



超高齢化社会を迎えた先には、多死社会が待っており、私たちにとって遺品整理という言葉はもっと身近なものになっていくと思います。

遺品整理とはちょっとした片付けのようなモノと思っている方もいらっしゃるでしょうが、通常の片付けとはまったく異なりますので、そういった認識を改める必要があります。

一番イメージしやすいのが整理しなければならない物品のボリュームですが、おそらく皆さまの多くが思い描いているボリュームよりずっと大きな量の品々を処分しなければなりませんので、きっと、“一人の人間が生きてきた形跡がこれほどのものだとは・・”と思い知らされるだろうと思います。

必要な品とそうでない品を仕分けながら片付けていくだけでなく、不要な品は自治体の基準に従って分別を行い、必要な品は相続や形見分けのために整理しておかなくてはならないなど、かなり手間がかかります。


遺産相続トラブルへの発展にもなりがち



遺品整理の難しさは相続人同士のトラブルにも発展しやすい点にもあります。

あったはずのものを捨てられた、あの品物を勝手に持って行った、などの文句を他の相続人が言い出さないとは限りません。

現場にいなかった人物に対して、その場にあった品の有無を証明するのは困難なので、一度トラブルが生じてしまえば、ずっと引きずってしまうこととなりかねません。

こういったケースを避けるためにも、遺品整理は専門業者へと依頼したほうがスムーズに事が運んでいきます。

遺品整理の専門業者とこれまで縁のあった方はさほどいらっしゃらないと思いますので、おススメの業者の例として、愛知県にある遺品整理さくらを簡単にご紹介してみたいと思います。


ただ片付けるだけじゃない!遺品整理さくらの魅力



遺品整理さくらは、リーズナブルな価格で遺品を見逃さないようじっくりと遺品整理を行ってくれるだけでなく、生前整理、家屋解体、ハウスクリーニング、遺品の買取なども行っていますので、諸々の片付けをワンストップで解決することができます。

ないと思っていた通帳や現金、有価証券などの金融資産、故人が生前とても大切にしていた思い出の品やアルバムなどが見つかれば、その場で報告を受けられるほか、遺品整理後の相談にも乗ってくれるなど充実したサービスを提供している業者です。

遺品整理さくらは愛知のほか岐阜、三重などにも対応しているため、愛知県はもちろんのこと岐阜や三重にお住まいの方も遺品整理さくらへと依頼すればまず間違いないでしょうし、他県の場合には似たような業者を探してみるのがおススメです。



遺品整理さくら

スノボとキャンプ初心者の道具選びならサンデーボーダー

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
SUNDAYBOARDER


 

アウトドアの鉄板!キャンプとスノボー



余暇の過ごし方は大きくインドア派とアウトドア派に分かれますが、このうちアウトドア派にとって定番ともいえるのが夏のキャンプと冬のスノーボードなのではないでしょうか。

特にキャンプは、ソロキャンプがメディアで取り上げられるようになったよう、かつてより注目を浴びています。

夏に限らず、春から秋にかけても楽しめますし、スノーボードほど移動に時間をかけなくても良いのもキャンプが人気を集めている理由といえます。

いずれにしても自然を満喫できる、一生モノの趣味となり得るものなので、まずは一度チャレンジをしてみたいものですが、そのためには道具を用意しなければなりません。



スノーボードの場合には現地でレンタルできますし、基本的にスキー場という施設へと訪れて楽しむものなので、必要な品々を購入できますが、キャンプの場合にはそうはいきません。

キャンプ場といっても、スキー場のように宿泊施設が設けられているわけでもありませんし、キャンプに訪れた人々に向けた売店があるわけでもないので、基本的にすべて用意する必要があります。

しかし、必要な品々を揃えようとしても、実際にどのようなアイテムが必要なのか見えづらいのがキャンプの敷居の高さです。


キャンプとスノボーに挑戦!



キャンプやスノーボードに挑戦するために揃える道具について情報収集したいときに便利なのが、“サラリーマンサンデーボーダーのスノーボードとキャンプの話”というブログです。

スノーボード歴は20年、キャンプ歴は8年のキャリアを持つ管理人さんが、初心者向けにアイテム紹介を行っているブログなので、きっと欲しい情報を得ることができます。

紹介されているアイテムは“カッコ良くて、良いものを、安く!”をコンセプトに厳選したモノだけを取り上げてくれていますので、スノーボードやキャンプについて何も知らなくても、ブログ内容に沿ってアイテムを揃えていけば間違いありませんので安心です。

管理人さんは過去に御茶ノ水のスノーボードショップで働いていた経験もあるとのことなので、スノーボード用品についてはかなり詳しい情報が掲載されています。

キャンプ用品についても初心者からファミリーキャンプを楽しみたい方まで、幅広い層へ向けたアイテム紹介を閲覧できますので、是非この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。



SUNDAYBOARDER

今、ブロックチェーン業界の転職市場が盛り上がっている!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
withB


 

公正な技術として注目されるブロックチェーン

ビットコインをはじめとする仮想通貨にブロックチェーンという技術が応用されているのは、皆さんも多く見聞きしているのではないでしょうか。

ブロックチェーンとは分散型取引台帳のようなものであり、主体的な管理者が存在せず、取引記録の改ざんが不可能であり、過去の取引記録も遡ることができるほか、そのデータを参加者で共有できるなどのメリットがあります。

正確なデータであることを担保できるブロックチェーンは仮想通貨以外にも応用でき、オンラインゲーム業界や金融業界が真っ先に飛びついたのをはじめ、食品の流通経路を追うため、医療情報の管理のため、など様々な業界から注目を浴びています。


ブロックチェーンを取り扱う人材が求められている

このような状況下、ブロックチェーンを取り扱う企業も続々と現れており、そのビジネスの拡大に合わせて人材の確保に躍起となっています。

それらベンチャー企業はスタートアップ段階にあるため、様々な職種で人材不足となりがちです。

売上を優先させる時期なので営業を担う人材、より良いサービスを実現させるために企画・開発に携わる人材を求めているだろうことは皆さんもイメージしやすいと思いますが、ベンチャー企業は共通して管理部門が手薄となりがちなので、経理や人事、法務などの人材も多く求めています。

このような企業が多々存在しているため、転職市場はブロックチェーン業界に絡む盛り上がりを見せており、ブロックチェーン業界で働く人も多くなっています。

この先、より一層の盛り上がりを期待できる業界なのですから、やりがいや収入面を考えても転職市場が盛り上がりを見せているのは当然といえるでしょう。


ブロックチェーン業界への転職メディアはまだ少ない

ブロックチェーン業界への転職に興味があれば、withBという会社があるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

withBにはブロックチェーン業界に特化した求人メディアであり、どのような求人があるのか、将来的に業界がどのように成長していくのか、などが取り上げられているので、自分がブロックチェーン業界に転職した場合のビジョンを鮮明に描きやすくなります。

市場が成熟すればするほど人気のある業界で働くのが難しくなるのを考えても、ブロックチェーン業界が成長過程にあるいまのうちに転職しておくのは自分のキャリアを考えたときに優位性ある選択といえます。



withB

京都で前撮り・フォトウェディングを成功させる為に。知っておきたい8つの確認ポイント

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
古都の花嫁|京都の前撮り・フォトウェディング サービス比較と確認ポイント


 

京都で結婚式の前撮りをするなら古都の花嫁がおすすめ

京都にある“古都の花嫁”は結婚式も前撮りを依頼するのにおススメの業者です。

その理由を具体的に、他の一般的な業者と比較しつつご紹介してみます。

まずは料金がリーズナブルである点です。

一般的な業者であれば基本料金以外にハイシーズン料金や着物グレードアップ料金などが加算され、総額15万~20万ほどが相場となりますが、古都の花嫁の場合には追加料金一切かからず基本料金の89,800円のみで前撮りできます。


なぜ、古都の花嫁だと失敗しないのか

価格はリーズナブルでも、観光客など他人の映り込みなく撮影できますし、和室と屋外の両パターンをしっかりと撮影できます。

これらの理由は、古都の花嫁だけが利用できる京都のお寺や茶店を撮影場所としているからであり、本物の和室や襖絵の前で自由度の高い写真撮影を実現できるためです。

いわば古都の花嫁専用の撮影場所なので、着替え用の部屋も用意されており、屋外のロケーション撮影でも白無垢と色打掛両方の写真を残すことができます。

前撮りで多くの人が頭を悩ませるのが雨天の場合ですが、お寺や茶店の和室や縁側、お庭の軒下など、雨天でも様々なパターンで撮影できます。

前撮り当日までに肌襦袢、ステテコ、裾除け、白足袋、補正用タオル等の和装下着を用意する必要がないのも嬉しいポイントです。

一般的な業者であればこれらを用意しなければなりませんが、すべて揃えようと思えばコストも労力も馬鹿になりません。

古都の花嫁の基本料金内には和装下着の料金も含まれていますので、当日は着の身着のまま撮影場所へ足を運ぶのみです。


メールやLINEで打ち合わせ可能!

これまでご紹介したように、古都の花嫁は至れり尽くせりのサービスを提供していますが、サービス利用のための打ち合わせの時間もほぼありませんので、忙しくて時間をなかなか確保できない方でも利用しやすい業者です。

事前のやり取りはメールもしくはLINEで行うので、自分の都合の良い時間のみを費やして打ち合わせを進められます。

メールやLINEでのやり取りが難しい場合には電話でのフォローも入れてもらえるため、打ち合わせるべき内容はしっかりと詰めることができます。

今回ご紹介した古都の花嫁に前撮りを依頼すれば、1週間ほどですべての撮影データのDVDを送料無料で届けてくれます。

納品まで1か月ほどかかる業者も多いなか、かなりスピード感ある対応を受けられますので、挙式までの慌ただしさを考えても、前撮りを古都の花嫁に依頼するのはメリットが大きいといえます。



古都の花嫁|京都の前撮り・フォトウェディング サービス比較と確認ポイント

会社辞めたい!けど言い出せない!そんな人に読んでほしい退職代行サービスの実態

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
プレジャーインフォメーション


 

会社辞めたいけど辞められない、そんな事情に

仕事がイヤになった、職場がイヤになった、というとき、通常であればすぐに辞めて転職すればいいのですが、それまでの仕事をなかなか辞められない場合もあります。

例えば、怖い上司が職場にいる場合、“辞めるだなんて言ったら、ボコボコにされてしまうのでは・・”といった恐怖心が勝り、退職の意思を伝えられないままとなってしまいます。

また、情に訴えかけて引き留めようとしてくるケースもあります。

人手不足が深刻な介護施設や保育所でよく見られるパターンであり、「入居者さんのことはどうでもいいの?」、「親しんでくれている子どもたちを見捨てるの?」などと言われてしまえば、自分の意思を貫くのも難しく感じてしまうでしょう。

しかし、そのまま我慢していては、貴重なはずの自分の人生を無駄に浪費してしまうだけです。

ただ浪費するだけならまだしも、神経をすり減らし続けるばかりの日々は心身の健康を損なってしまう原因ともなりかねません。

退職すると決めたにも関わらず、退職できない状況が続いているようであれば、退職代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。


退職代行サービスって実際どうなの?

退職代行サービスとは、“退職します!”という意向を会社へ伝えるのを代行してくれるサービスです。

自分で退職の意思を伝えようとした場合、怖い上司からの脅迫めいた対応を受けたり、執拗な引き留めにあったり、などのリスクがありますが、退職代行サービスを利用すれば、以降は自分で直接会社側とコンタクトを取る必要もなくなりますので、そういったリスクを恐れる必要もありません。

退職代行サービスが話題として取り上げられるようになったのは2018年あたりのことですが、実際には昔から存在していたサービスであり、近年になってメディアが取り上げたのは、それだけ利用者が多くなっているからなのかもしれません。

いざ退職代行サービスを利用しようと思ったときに気になるのが、違法性の有無や、会社から損害賠償を受けたりしないかという点でしょう。

まず前者についてですが、退職の意向を自分に代わって誰かに伝えてもらうのは違法ではありません。

いわば面倒事に代理人を立てるだけです。

ネットで退職代行サービスについて調べてみると違法性の指摘も見られますが、それは弁護士法に抵触するのではないかといったものであり、サービスを提供する事業者に向けてのものなので、利用者に対する違法性の指摘ではありません。

また、後者についても、通常の退職であれば心配無用です。

法律で職業選択の自由が認められているので、その職業を辞めるかどうかも自由であり、退職が原因で損害が生じたと会社が主張することが法的に難しいためです。

退職代行サービスを利用した際のデメリットとして考えられるのは、費用がかかることくらいですが、何かを誰かに代行してもらう以上、それは受け入れるほかありません。


退職代行サービスの利用体験

実際に退職代行サービスを利用してそれまで勤めていた会社を辞めた経緯について詳しく記載されている記事がありましたので、皆さまにご紹介したいと思います、プレジャーインフォメーションというサイトの、“【必見】退職代行サービスで会社辞めました【実体験に基づき疑問に回答】”という記事です。

同サイトの管理人さんの実体験をもとに、退職代行サービスを利用して辞めた際に実感した内容が書かれているのですが、“苦しみから解放された”という実感がとても強かったそうです。

退職代行サービスの利用はまだそれほど一般常識として浸透していないため、それまで一緒に働いて良くしてくれていた先輩社員の方たちに申し訳ない思いもしたそうですが、すぐに自分が自由を手に入れられた喜びの方が上回ったとのこと。

他にも、経験者ならではの感想が多々掲載されていますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

同記事のページ中盤以降には、管理人さんが退職代行サービスを利用したときのLINEでのやり取りも掲載されているので、とても参考になります。

退職代行サービス業者に問い合わせてから、どのように依頼が進められているのか、順を追ってLINEでのやり取りを確認できますので、ご覧になってみてください。


退職代行サービスはどこがおすすめ?

個人的には、とても簡単なやり取りで退職が成立してしまうため、退職したいのに退職できない状況が続いているようであれば、迷わず利用したほうが後々の自分のためになるだろうと思います。

有給休暇を消化しながらの対応であったり、返却すべき物品や必要書類についてのやり取りであったり、退職代行サービス業者は退職に関連する法律も把握しながら対応してくれるので、安心して代行を任せられます。

ただし、どの業界もそうであるように、専門性を持って良質なサービスを展開している業者と、そうでない業者がありますので、退職後のトラブルを回避するためにも業者選びは慎重に行わなくてはなりません。

【必見】退職代行サービスで会社辞めました【実体験に基づき疑問に回答】”の記事内で、優良業者についてもいくつか紹介されているので、こちらを参考にしてみるのもおススメです。


ほかにも、VODの情報もあっておすすめ!

今回ご紹介したプレジャーインフォメーションには、VODのおすすめ作品やサービス紹介記事も多数掲載されているので、是非そちらもご覧になってみてください。

自宅で過ごす時間が長くなった今日、VODの利用は暇を持て余すことなく自由時間を楽しむためのひとつの選択肢となっています。

VOD事業者はそれぞれ利用者を確保するために、無料トライアル期間を設けるなどのキャンペーンをやっていますので、それらを上手に利用することで無料で動画を楽しむこともできます。

しかし、十分な情報収集を経ることなくそれらキャンペーンを利用した場合、“無料期間内で解約しようと思っていたのにお金を支払うこととなった”というケースに陥ってしまうこともあるので注意が必要です。

プレジャーインフォメーションには無料トライアルの利用方法や、無料で終わらせるための解約手順も紹介されているので、それらを参考にしてみてはいかがでしょうか。



プレジャーインフォメーション

京都で前撮りは「古都の花嫁」がおすすめ!京都のお寺で本格的な結婚写真を撮影【追加料金もなし】

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
古都の花嫁


 

余裕の持てる前撮りは、余裕を持って一番良いところを比較しよう

前撮りとは、結婚式の当日ではなく、前もってウェディングドレスや和装して新郎新婦が写真撮影することであり、挙式を控えたカップルのうち7割近くが前撮りを行っているそうです。

結婚式当日でも写真は撮影できますが、どうしてもバタバタしてしまい、新郎新婦が満足できる一生モノの写真を撮るのが難しいので前撮りを行うカップルが多いとのことですが、やはりこだわりが多くなってしまうので、自然と費用も高くなってしまいがちです。

こういった背景に乗じて、ホームページやチラシなどで宣伝している価格以外に各種追加料金(土日祝や早朝料金、着物のグレードUP料金など)を設定している業者も多く、事前に思っていた以上にコストがかかったという新郎新婦も少なくありません。

前撮りを依頼するのであれば、事前にいくつかの業者の下調べを行い、どこがコスパに優れているのか比較検討する必要があります。


京都の前撮りは古都の花嫁がおすすめ

もしも京都で前撮りを考えているのであれば、“古都の花嫁”がおススメです。

こちらの業者であれば、追加料金なしで京都のお寺で本格的な結婚写真を撮影できます。

追加料金がかからないのも嬉しいポイントですが、それ以上に着目すべきが、お寺で撮影できるという点です。

京都市内で撮影する場合、たいていの業者が祇園や嵐山などの一般市街地で撮影を行なっていますが、観光地であるせいもあって、他の人物が写り込んでしまうのを避けられません。

加えて、通りかかる多数の人々から好奇の視線を向けられるため、落ち着いて撮影に臨めないのも実際のところです。

しかし、古都の花嫁に依頼した場合には、独自の撮影スポットを手配してくれるため、人目を気にせず前撮りに臨めます。


実際にイメージを見てみよう

京都にお住まいの方でなくても、一生に一度の記念写真なのですから、この機会に京都での前撮りを考えてみてはいかがでしょうか。

古都の花嫁のホームページをご覧いただければ、前撮りで手にできる実際の写真のイメージをいくつも確認できますが、“枯山水の庭園”や“四季の襖絵前”などで撮影できますので、前撮りのために足を伸ばすだけの時間やコストに見合った写真を手に入れられます。

いくつかの撮影プランが用意されていますが、いずれも89,800円となっており、前撮りの一般的な相場と比べてリーズナブルな価格となっています。

興味のある方は、古都の花嫁のホームページを是非確認してみてください。



古都の花嫁

配管つまり修理(トイレつまり,キッチンつまり,浴室つまり,洗面所つまり,下水つまりは地元福井の業者で安心!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
トータルメンテ


 

排水管のつまりは突然起こる



建物には様々な機能が備わっていますが、その根幹となるのが配管に他なりません。

トイレ、キッチン、お風呂、洗面所などは日常生活に不可欠の住宅機能ですが、それらを快適に使用できるのは上下水の配管がしっかりと機能しているからです。

しかし、それらがなにかしらのトラブルが発生すると、暮らしやすさもきっと損なわれるでしょう。

例えば、トイレやキッチンの配管が詰まった場合を想像してみてください。

生活に多大な不具合な光景が頭をよぎったのではないでしょうか。

これまで排水管のつまりを経験したことのない方であればピンとこないかもしれませんが、排水管のつまりはあるタイミングで突然に発生するものなので、決して他人事ではありません。

ちょっと洗面台あたりの下にあるだろう戸棚を開けてみればわかると思いますが、グネグネとなったあの配管がつまらないと思うほうがおかしいと言わざるを得ません。

なぜ、あのような形状となっているのかといえば、下水からの臭いを上げない為に水が溜まっている為で、ヌメリやヘドロが原因でつまりが生じてしまうものなのです。


排水管トラブルの解決法は主に二種



排水管つまりは一度生じると、その原因を排除しない限り解決するのは難しいので、日頃から予防的な措置を行っていく必要があります。

排水管つまりの予防について調べてみれば、つまりの原因そのものを避けるようにする方法と、つまってしまった配管をしっかりケアする方法の2つに分かれます。

この2択の場合に選択すべきは後者といえるでしょう。

そもそも日頃から配管がつまらないように水回りの設備を使っていくのは困難であり、そのような制限を意識して使用していこうと思えば、かなりストレスを覚えてしまうに違いありません。

利用した結果として生じるつまりなのですから、利用する前からつまりを意識するようでは利便性が大きく損なわれてしまいます。

結局、つまってしまった配管をいかにケアするかが大事なわけですが、完全につまりきってしまっては生活が成り立ちません。

つまりきってしまう前にケアする必要があります。

生活を営む上で、油の流入や石鹸カス、人体の垢や尿や糞便など生活していれば自然と付きまとうものです。

つまりきってしまう前に適切な措置を行うのが正解に他なりません。


市販品ははっきり言って使えない

そこで排水管つまりに効果の期待できるものを調べてみたのですが、なかなかピンとくるものに出会えませんでした。

固形タイプのものであれば、グネグネした配管のどこにつまって、どのような効能を発揮してくれるのかまったくイメージできませんでしたし、液体状のものにいたってはどれほどの効果を得られるのか考えづらかったためです。

おそらく液体状のものであればつまっている箇所に直接的なアプローチができるのでしょうが、それがいかに効果的であるかという点で疑問が生じます。

液体状のものは含有成分による化学変化によって配管つまりの解消を図るのでしょうが、効果が強ければ強いほど配管そのものを痛めかねないというリスクがあります。

一方、配管に腐食などの損傷を与えない、環境にやさしいなどアピールされている商品については、効果自体が薄いのではと懸念されます。

配管つまりをどうにかしたいという希望そのものに応えてもらえないような気がしたためです。


プロに任せた方が安心&確実



確実に排水管つまりを改善したいときには、やはりプロに依頼して、適切なケアを受けるに越したことはありません。

例えば、福井県にあるトータルメンテのようなお店へ依頼すれば、抱えている配管つまりへの悩みがスッキリと解消するでしょう。

トータルメンテでは、排水管内部を360度くまなく洗浄できる高圧洗浄を行っており、プロならではの徹底した配管へのメンテナンスを受けられるので、水回りの住宅設備に不具合が起き始めたときにはとてもおススメです。

トータルメンテは福井県にある店舗なので、遠方にお住まいの方には、排水管つまりの悩みを相談できる先の参考としていただければと思いますが、ここの強みは自社で施工を行うことができる点といえます。

よくあるケースとして、元請けが下請け業者に発注する場合がありますが、こういったケースの時には本来不必要なマージンが上乗せされているため、高額になりがちです。

しかし、昨今のネットの普及によって誰もが情報発信できるようになった結果、依頼主と直接やり取りできるようになっているので、そういった企業を利用することでより一層の暮らしやすさを手に入れやすくなります。

いかにトータルメンテのような店舗を利用するのがおススメであるかわかりやすいのが、HACCPを導入している企業の清掃や官公庁の配管トラブルにも対応している点といえるでしょう。

ざっくりと表現すれば、より適切なケアを施すべき箇所にそれ以上の清掃を行うことができるというものですが、こういった企業努力が見られるのも、適切で的確な施工を可能としているからです。


配水管メンテナンスは早めに!

今回ご紹介した排水管トラブルを解消する施工方法は高圧洗浄で専用のノズルを用いて行うものであり、現場の状況を問わず幅広い対応をしてくれる様なので、流れが悪くなってきた、ゴボゴボ音がする、排水口の臭いが気になる、溢れてくるなど症状が見受けられたら、この機会に施工を相談、依頼してみてはいかがでしょうか。

トータルメンテは福井県の会社なので出張範囲も限られているだろうと思われますが、ホームページを見る限りは結構幅広いエリアに対応してくれているようなので、気になるようであればまずはお問合せや相談をしてみるのをおススメします。

排水管の不具合を後回しにすればするほど、配管の変形や破損、床下や天井部での汚水の漏洩など余計にひどい状況を招きかねません。

快適な生活環境を手に入れたい、維持していきたいときには、状況や適切な対応が出来るメンテナンスショップは不可欠の存在といえます。



トータルメンテ

1 2 3 4 5 6 7 281