Since 2012/12/31
みそかじつ。 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

会社経営やめて、株、日経225先物等のトレードだけで生活する男のブログ「相場はただのオンラインカジノ」取引公開やトレード指導、自動売買構築もやっております。

相場はたたのオンラインカジノ様のご紹介です。

今年(2019年)でブログ「相場はたたのオンラインカジノ」は12周年を迎えました!!

~自己紹介~

大学卒業後2年だけサラリーマンやってから脱サラ起業しました。
今は、外食事業、イベント関連事業等の会社経営やめて(正確には事業トラブルで全部失いました)
十数年専業トレーダーとして生きております。
小学生のときは医師を目指し、中学時代は世界を股にかける商社マンに憧れ、
大学時代は起業家になろうと人生の目標は右往左往・・・
今の生き方は1%も想像できませんでした。
人生って面白いなあと実感します(笑)
メインは日経225先物ですが、個別株やETF、FXやバイナリーオプションも扱います。
私の日々のポジションの一部を公開する
“日本一勝てるデイトレメルマガ”配信しております。
株や先物などがバクチだと決め付ける人がいますが、
人生のほうがはるかにバクチです(笑)
相場で勝つのはそれほど難しいことではありません。
人生100年時代になった今、投資運用による自分年金は必須です。
50万円の元金からスタートしても、年利30%なら複利10年で689万円に、
20年なら9502万円にまで増えます。
相対性理論で有名な天才物理学者、アルベルト・アインシュタインは「複利運用」のことを「人類最大の発見」「宇宙で最強の力」と言ったそうですが、まさに真実ですね。
ちなみに年利30%は、どんなに厳しい計算をしても毎年達成してる数字で
けっして机上の空論ではございません。
真剣に学びたい方はいつでもご相談ください。



 →相場はたたのオンラインカジノ

見せるモノだから、こだわりたい。高級感あふれる結婚式のプロフィールムービー – ROYAL MEMORIA (ロイヤル メモリア)

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
おしゃれな結婚式プロフィール動画のROYAL MEMORIA (ロイヤル メモリア)


 

それぞれの人生のストーリーを紹介するプロフィールムービー



結婚式の主役は新郎新婦に他なりませんが、披露宴は2人のために催すものではありません。

新郎新婦が双方の家族や友人・知人、仕事の同僚など日頃からお世話になっている人々のために催すものであるため、新郎は新婦側の出席者に、新婦は新郎側の出席者に、自分のことを知ってもらえるよう演出にこだわっていく必要があります。

そこで重宝されているのが、プロフィールムービーです。

これまで披露宴に出席したことのある方であれば、すぐに“あの映像のことか”と思い出せると思います。

オーソドックスな例で言えば、生まれてから幼少期、学生時代のそれぞれの姿が映し出され、途中から2人が出会ってからの映像が続き、結婚に至るまでの思い出が披露宴会場のスクリーンに映し出されます。

出席者全員がその映像を目にするため、家族や友人に向けたメッセージを挿入したムービーもよく見かけます。

ありがちな演出であるかもしれませんが、ウェディングムービーを超える演出がなかなか存在しないのも事実なので、よりこだわりたい場合には、映像のクオリティーを追求する以外に考えづらいといえます。


見せるモノにはお金をかけ、そうでないものは節約を



結婚式でどうしてもネックとなってしまうのが予算です。

あれこれとやりたい演出があっても、予算の関係上、カットしなければならない場面が出てきます。

しかし、ケチっていいところとダメなところは存在します。

では、ウェディングムービーはどちらかといえば、予算を削ってはいけない演出に該当します。

上でも触れていますが、新郎新婦がこれまでお世話になってきた、これからもお世話になっていく人々に向けて自分たちのことを知ってもらう映像なのですから、安っぽいモノとするわけにはいかないためです。

ムービーの質が悪ければ、それを見た出席者に“この程度の人物”と思われてしまいかねません。



より高品質なウェディングムービーをお求めの際には、ROYAL MEMORIA (ロイヤル メモリア)というウェディングムービーを作成、販売するネットショップがおススメです。

映像制作業者も多々ありますが、それらの多くが低価格とスピーディーな納期をウリにしている一方、ROYAL MEMORIAは高級路線なので、一生に一度の大切な催しで大勢の人々に見てもらう映像にふさわしい作品を制作してもらえます。

大手ファッションブランドを数々手がけていたデザイナーがムービー制作を担当してくれるので、きっと数年後も見返したくなるムービーを手に入れられます。



ROYAL MEMORIA (ロイヤル メモリア)

転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
転職エージェントおすすめ


 

終身雇用が崩壊したいま、一つの会社に居続けるメリットはない

これからの高齢化に伴う労働者人口の減少は明確です。

終身雇用は崩壊し、入社した企業に定年まで面倒を見てもらうことも少なくなってきていますが、その背景にあるのは企業側の都合ではなく、働く人それぞれの考え方の変化です。

同じ企業にしがみついていても、将来的に旨みがないと判断すれば、躊躇なく転職を考える人が多くなっているのですから、終身雇用の崩壊は当然のモノとして訪れているに過ぎません。

他の会社に行ったほうが活躍の場が広がり、より高給がもらえて、プライベートも充実できるのであれば、誰でも転職を選ぶのが自然です。


しかし転職先を間違えてはいけない

しかし、好条件にばかり目を奪われて、選んだ転職先が思ったような環境でなかったとしたら目も当てられません。

それまでいた会社に戻りたくても、転職するために退職したのですから戻れるはずもありません。

再度、転職しようにも、短期間で転職を繰り返すようであれば転職市場でも評価が下がるばかりですし、余計に劣悪な就労環境へと陥りやすくなってしまいます。

特にキャリアアップを目的に転職したのであれば尚更、失敗するわけにはいきません。

たった一度の失敗が、最初の転職を決めたときに思い描いていた将来を壊してしまいます。


転職ミスマッチを防ぐために

上記のよう、転職先を間違えてしまう人は決して少なくありません。

その理由は、実際に入ってみないとわからないことが多々あるためです。

しかも、それらは内定を得るための面接時になかなか質問できないことばかりです。

給与、休日、職場の人間関係などは労働者にとって大切な要素であるにも関わらず、面接時にはNG質問とされているのですから、ミスマッチが起こって当然です。

これらを避けるには転職エージェントを活用するといいでしょう。

転職エージェントは転職希望者に代わって応募先へと聞きづらいことを質問してくれたり、水面下の案件を紹介してくれるなど、転職時の心強いパートナーとなってくれます。


転職JPでエージェントを活用しよう

転職JPというサイトでは、おススメの転職エージェントが紹介されていますので、是非参考としてください。

転職先同様に、転職エージェント選びも転職の成功に不可欠です。

転職JPではキャリア別に利用すべき転職エージェントが紹介されているため、どのような業界の人であっても、自分にピッタリの転職エージェントが見つけられます。

転職のポイントなど、その他コンテンツもあるので転職を希望しているのであれば、チェックしてみてください。



転職エージェントおすすめ

海外FXプロ

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
海外FXプロ


 

うまいFXは海外FXしかない

FXが魅力的とされているのは、少額投資からでも大きな利益が得られるためです。

しかし、そのメリットを享受するには海外FX業者を利用するのが大前提となります。

国内FX業者の場合にはレバレッジ規制のため、まとまった収益を上げるために必要なポジション数を持つには、まとまった資本金が必要となります。

以前は400倍でも取引できたのですが、金融庁が投資の安全性を損なうと言いがかりをつけてレバレッジ規制を繰り返した結果、現在は25倍となっており、トレーダーは続々と規制のない海外FX業者に口座を開設し、そこでトレードするようになっています。


普段からAmazonやiPhoneを使うように、外資系を使うのはもう当たり前

海外の業者に口座を開設して入金することに不安を覚える方もいるでしょうが、安全に取引や入出金ができますので、何の心配もいりません。

仮にトラブルが頻発しているなら、海外FX業者に多くの日本人トレーダーが移動するはずがありません。

むしろ、海外FX業者のほうがずっと良質なサービスを提供してくれているのが実情です。

例えば、入金するだけでボーナスが付与され、その分が口座残高にプラスされるサービスがあります。

更に着目すべきは、海外FX業者の場合には市場との直接取引ができますが、国内FX業者の場合には市場との間にその業者が入り、トレーダーは業者相手にトレードすることとなります。

不利なのはモチロン後者です。

滑りやストップ狩りといった現象が頻発しているのは、国内FX業者がより多くの利益を得たいためであり、顧客が損をすればするほど業者が儲かる仕組みとなっています。

その反面、海外FX業者は顧客の取引結果は収益に関係ないのでフェアなトレード環境が用意されています。


まずは調べてみよう!

海外FX業者について、もっと知りたいときには海外FXプロというサイトをご覧になるのがおススメです。

実際にサイトを開いていただければわかりやすいのですが、海外FX業者についてあらゆる角度から分析しつつ、見る人それぞれにピッタリの業者が選べるようになっています。

海外FX業者といえばXMばかりが紹介されていますが、同サイトではXM以外にも魅力的な業者が紹介されているので、より有利なトレード環境をお求めの倍には是非チェックしてみてください。

FXトレーダーとして成長を図ることのできる情報も多々掲載されています。



海外FXプロ

電子ブレーカーを導入して、電気代を安くしよう!(&震災対策にもなる)

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
ネオコーポレーション


 

単純に電気代を下げたい

コストカットを考える際、事業を稼働させるために必要な光熱費をカットすることは、生産性の低下など許容しがたいトレードオフが生じるため難しいように思えますが、ネオ・コーポレーションがリリースしている電子ブレーカーを導入すると、何かを失うことなく電気代だけを引き下げることができます。

モチロン、これまでの生産性は維持されますし、電気の使い勝手もこれまで通りです。

同社の電子ブレーカーは固定費である基本料金部分を引き下げられるので、電気の使用量に関係なくコストカットの恩恵を受けられますし、導入にあたって初期費用も不要となっているため、全国の店舗や工場がこぞって導入しています。

これまでの販売総数が16万台を超えているのも、同社のブレーカーがそれだけメリットあることの証といえるでしょう。


ネオコーポレーションは信用できる?

16万台の販売実績は、それだけネオコーポレーションが信用できる会社であることも意味しています。

店舗や工場にとって稼働そのものを左右する電力を取り扱う事業者である以上、信用して任せられることが絶対条件となるためです。

ネオ・コーポレーションは関電ガスの正規一次販売代理店というだけでも信用できますが、皆様もご存じのスポーツチームのスポンサーともなっているため、より一層信頼できます。

東北楽天ゴールデンイーグルスのオフィシャルスポンサーであり、8時~9時50分にかけて放送されているTBSの“とくダネ”では毎週月曜日に同社のCMが流れています。

これらをスポンサードするには、社会的な信用が伴わないといけません。

どちらも多くの人々の目に触れるものであり、大きな影響力を持っていることを考えても、スポンサー契約の際には厳格なやり取りが交わされたのだろうとイメージできます。


震災対策にもなる

今回、ご紹介したネオコーポレーションでは、震災対策で特許を取った感震ブレーカーも取り扱っていますので、いざというときの備えに導入してみてはいかがでしょうか。

ご存じのように、日本は地震大国であり、どこの都道府県であってもいつ大きな地震に見舞われるかわかりません。

ニュース番組などでも、南海トラフ地震が数年以内に起こる確率について取り上げられているのを目にする機会もやや多くなったような気がします。

大きな地震があれば揺れそのものによって家屋が倒壊したり、東日本大震災のように津波に襲われるなどの被害が思い浮かびやすいところですが、火災も忘れてはいけません。

ガスを使用中であればすぐに消し、ガスの元栓を閉めるよう言われていますが、なぜか火災の原因となり得る電気についてはさほど教育されていません。

阪神・淡路大震災は地震によって大きな火災が発生しましたが、それはいくつも火災が発生して延焼した結果です。

では、なぜいくつも火災が発生したのかといえば、電気が原因でした。

ネオコーポレーションのホームページにも詳しいデータとともに紹介されていますが、原因が特定できた火災の約6割が通電火災によるものだったとのことです。

通電火災とは、地震に伴う停電が復旧し、通電が再開される際に発生するものであり、まさに気の緩みがちなタイミングで生じる火災といえるでしょう。

店舗や工場が火災となった後のことを考えると、感震ブレーカーを導入しておいたほうが賢い選択となるのは言うまでもありません。

もしもの場合とは、一度起こってしまってからは遅いのですから、いざというときに備えておくしかできません。

この機会に感震ブレーカーについて、ネオコーポレーションに問い合わせてみてください。



ネオコーポレーション

リフォーム速報で不透明なリフォーム業界をクリアに

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
リフォーム速報


 

リフォームは業者に言われるがままにしない!

家屋や住宅設備が経年劣化したり、居住する家族構成が変化すれば、多くの人がリフォームを思い浮かべるでしょう。

また、住宅を得ようとしたときに、中古住宅を購入してリフォームする方法がコストパフォーマンスに優れているとされています。

しかし、身近な存在であるように思えて縁遠いのがリフォームです。

専門的な知識を持ち合わせていない限り、“ここをこうしたい!”といったよう漠然とした思いがあっても、そのためにどのような工事が必要であるのか、その工事に用いられる材料それぞれが適切であるのか、工事した結果、思っている通りの居住環境が手に入れられるのかどうか、など疑問が尽きません。

一般的にリフォームはそう何度も経験するものではないので専門的な知識がまったくなくても問題ないのかもしれませんが、やはり持っていたほうが諸々の場面で役立ちます。

例えば、リフォーム業者との相談時、言われるがままとなるのは良くないでしょうし、理解できない内容と金額を見比べるしかないのもリスクが伴います。

稀に悪質リフォーム業者も紛れ込んでおり、そういった業者に施工を依頼した結果、とんでもないトラブルに見舞われたという体験談もネット上にいくらでも掲載されています。


理想と実用を兼ねたリフォームをしよう

リフォームに関する知識を身につけてみようと検索してみれば、あまりにサイト数が多いので、どのサイトで学ぶべきか迷うと思いますが、リフォームの事例・補助金・費用・相場などを網羅しているリフォーム速報であれば、学ぶ場所としてピッタリだと思います。

実際にサイトをご覧いただければわかりやすいのですが、リフォーム現場を取材し、工事の様子や工程、費用、ポイントなどが解説されていますので、素人にもわかりやすいコンテンツとなっているのが特徴的なサイトです。

ベランダや屋根、雨どい、外壁な、キッチンやトイレなど様々な個所のリフォーム現場を取材しているため、自分がリフォームしようと考えている個所のリフォーム事例がきっと見つかりますので、理想と現実とを擦り合わせながら知識を得ていくことができます。


業者に騙されないために、まずは自分で調べよう

リフォーム速報のコンテンツは一つひとつがとても充実した内容となっているのも嬉しいポイントです。

個人的に興味を持ったのが、【100万円の適用】実際に火災保険でリフォームしてみた!という記事でしたが、ページを開いて驚かされたのがコンテンツのボリュームです。

まずはリフォーム内容をまとめて紹介、リフォームする前の家屋のあらゆる個所を撮影し、どこがどうなっているのかを明確にしたうえで、リフォーム工事の模様を撮影した画像へと続いています。

施工完了後には、リフォーム前に撮影した個所と同じ個所を撮影し、ビフォーアフターが確認できるようになっています。

そして、その申請から金額までも取材しており、それらに用いられた書類も掲載されているため、自分がリフォームを受けようと思う際の具体的な参考として、これ以上ない材料となるでしょう。

このリフォーム事例は火災保険を用いたリフォームであり、家屋全体のリフォームだったにも関わらず、自己負担分がほぼ0円だったのですが、その理由と他の事例における適用可能性についても言及されているので、興味のある方は是非ご覧になってみてください。

今回ご紹介したリフォーム速報では、取材形式のコンテンツ以外にも、リフォームについて様々な情報が掲載されています。

それぞれの情報へ行き着くための動線もしっかりしていますので、初めて同サイトを訪れる方でもスムーズに情報収集ができます。

まずはサイトを開いてご確認ください。



リフォーム速報

今20代のヤツはこの30のことをやっとけよその後の人生が捗るぞ 「他人の人生を生きようとするのは止めよう」など


今日取り上げた記事のランダム流し読みリンク
1 2 3 4 265