Since 2012/12/31
みそかじつ。 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

ペット火葬・ペット葬儀が大阪でできる「大阪ペット火葬メモリアル」について

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
大阪ペット火葬メモリアル


 

ペット葬儀の現実的な難しさ


ペットは大切な家族に他なりません。

方々で言われているこの文言をもっとも意識するときが、ペットの死に直面したときではないでしょうか。

何年も、十数年も、生活をともにしてきたのですから、親離れしていく子供以上に、ペットに愛情を注いできた方も多くいらっしゃると思います。

そのようなペットだからこそ、しっかりとお別れの時間を迎えたいものでしょうが、人間同様に葬儀のできる場所が豊富に用意されているわけではなく、ネットなどでペットの火葬を行っている先を探し、はるばるその場所まで亡骸を搬送して火葬と葬儀を執り行うのが主流となっています。

しかし、このスタイルは車での移動が便利なエリアであれば問題ないかもしれませんが、電車での移動が主である都市圏の場合、亡骸の搬送が難しいため深刻な問題となりがちです。


大阪ペット火葬メモリアルは、本格的な葬儀を行ってくれる



大阪でペットが亡くなった際のことに頭を悩ませているようであれば、大阪ペット火葬メモリアルへと問い合わせてみてはいかがでしょうか。

同社は大阪府内を中心に出張専門のペット火葬・ペット葬儀を展開している会社であり、火葬炉を積載した専用車を派遣してくれます。

このようなサービスを利用すれば、ペットを火葬場まで搬送する必要もありませんし、何よりペットにとって最も親しみを覚えているはずの場所でお別れできるため、飼い主である皆さんにとっても、これ以上ない別れの場となるでしょう。

きっと多くの皆さんが便利なサービスではあるとわかっても、ご近所さんに迷惑がかかるのではないかと不安を覚えていると思います。

自宅前で火葬を行うわけですから煙も気になりますし、葬儀を執り行っている様子を目撃されるのも気持ち的にイヤなものです。

しかし、これらの点も大阪ペット火葬メモリアルはしっかりカバーしていますので、安心して利用できます。


大切な家族だから、大切に扱ってほしい



大阪ペット火葬メモリアルが派遣してくれるペット火葬車はほとんど煙が出ない構造となっており近隣に迷惑がかかりません。

加えて、ご近所の目が気になる場合には、カーテンを張ることでプライベート空間を生み出し、そこでしっかりとお別れできる場を設けてもらえます。

訪問してくれる担当者さんは葬儀にふさわしい身だしなみと白手袋で対応してくれますし、一連の対応ひとつひとつにも気を配ってくれるため、とても上質なサービスとなっています。

これらを裏付けるように、1カ月あたり60件~70件近い受注があるとのことで、大阪ペット火葬メモリアルのホームページにあるカレンダーの予約状況を眺めてもかなりスケジュールが埋まっているのを確認できます。

それもそのはず、24時間365日対応可能かつリーズナブルな料金設定となっているため、人気が出ないはずがありません。

おそらくペットの火葬について考えた際、多くの人が“このようなサービスがあって欲しい”と思い描く内容にとても近いサービスだと思います。


来てほしくはないが、いずれは来るお別れ

ペットの火葬や葬儀について考えたくないのは飼い主であれば誰でも同じでしょうが、いつかはそのときが訪れます。

いざ、その場面が訪れたとき、できるだけスムーズに葬るのも飼い主の役目といますが、慣れないことなのでゼロから準備を進めるのはかなりの手間と時間がかかってしまうでしょう。

終活という言葉が一般的なものになってだいぶ経ちますが、ペットの終活についても考えなければなりません。

大阪府内および近郊にお住まいの方であれば、いざというときのために大阪ペット火葬メモリアルについてもっと知っておいてみてはいかがでしょうか。

いかに良質で便利なサービスであるか、今後の参考としていただけると思います。



ペット 火葬 大阪と検索すると大阪ペット火葬メモリアルさんがでてきます

直ってよかった!「ガスコンロの火がつかない」を自力で対処した備忘録

ガスコンロの火がつかない!

先日、夕飯の下ごしらえを済ませ、さて火にかけようと思ったものの、ガスコンロの火がついてくれず、かなり焦りました。

何度、スイッチを捻ってみても、元栓を入れ直してみても火がつかないまま・・。

それを繰り返しているうちにガスのニオイがしているような気がしたため、まずは落ち着いて対策を考えることにしました。

業者を呼ぶにしても、19時を過ぎていたので来てくれるのは翌朝以降となるでしょうし、焦って呼ぶ必要はありません。

まずは自分で何ができるのか情報収集してみることに。

最近は何でも検索すれば、その道のプロによるトラブルの解決法が紹介されているのですから、ガスコンロという生活必需品についてであれば、必ず情報が掲載されているはずです。

いくつかそれらしきサイトを探してみましたが、もっともわかりやすくガスコンロの火がつかないときの対処法が紹介されていたのが、以下のページでした。

参考ページ:ガスコンロの火がつかない原因・症状・対策ガイド



解決方法をいくつか試したら、火が付いた!

スイッチを入れてみると、“チチチ”という音がするだけで点火しない状態だったので、同サイトで紹介されていた方法として、まずは電池交換をしてみることに。

同様の症状は吹きこぼれの際、よく見られるものでしたが、水でガスコンロを濡らした覚えもなかったので、まずは電池だろうと思ったためです。

電池を入れ替えて、スイッチを入れ直してみたものの同じ結果に。

次に、油汚れも点火しない原因となると書いてありましたが、その前日にキレイに掃除していたので、おそらく該当せず。

どうしたものかと思いつつ、このサイトを読み進めていくと、バーナーキャップの取り付けミスが原因との記載があり、もしやと思い、取り付け直してみたところ、やっとのことで火がついてくれました!どうやら、掃除した後、向きを反対に取りつけてしまっていたようです。

火がついた瞬間は本当にホッとするとともに、このサイトの情報に感謝。


業者を呼ぶ前に、経験者の知見を頼ろう

火がつかないときの対処法がかなり詳しく掲載されていたので、どのような人が運営しているのか気になって調べてみたところ、大手ガス器具メーカーのアドバイザー経験者とのことで、その情報の質に“なるほど・・”と感心。

これからガスコンロにトラブルがあった場合には、またこのサイトの情報を頼りに、自力で解決を図ってみたいと思います。

ダーツを始めるならダーツバーへ行こう

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
Barから学ぶダーツライフ


 

衰えないダーツの人気

時代が移り変わっても変わらず人気であるものはいくつもありますが、そのうちの1つがダーツです。

矢を投げて、的を狙う、という単純なゲームですが、単純だからこそ奥深く、いつまで経っても人々は飽きを覚えないともいえるでしょう。

もちろん的を狙うわけですが、この狙うという行動そのものが人間の本能的なところをくすぐるせいもあるかもしれません。

しかも、運動神経や体格も関係なく、一人でもプレイできるなど、ダーツをするためのハードルがとても低いのもダーツの魅力であるといえます。


ダーツバーの暗黙の了解とは?

ダーツを思う存分に楽しむためにおススメなのがダーツバーです。

その名の通り、お酒を飲みながらダーツを楽しめますので、いつも以上にダーツがエキサイティングなものとなります。

同じ趣味を持つ人が同じ空間に集まるのも、きっと新たな刺激となるでしょう。

しかし、ダーツバーに行ったからといって、好き勝手に矢を投げて遊べるわけではない点に注意しなければなりません。

ダーツバーには暗黙の了解ともいえるルールがいくつかありますので、それを守って遊ばなければ、一緒に同じ空間に居合わせる他のお客さんに不快な思いをさせてしまいかねないため、思わぬトラブルの原因ともなり得ます。

お酒の席だからこそ、より一層トラブルが生じやすいという点も含めれば、ダーツバーへ行く前にしっかりと勉強してから行くべきといえるのではないでしょうか。


マナーやルールを知って、ダーツバーを100%楽しもう!

ダーツやダーツバーについてもっと詳しく知りたいときにおススメなのが、Barから学ぶダーツライフというサイトです。

ダーツバーが大好きで毎週通っているという管理人さんが運営しており、関連情報が豊富に掲載されていますので、必要な情報をしっかりと得られます。

一度、同サイトを開いていただけば、すぐにわかると思いますが、ダーツのルールやダーツバーについて知っておくべき情報がまとめられており、もっとダーツが上達するためのコツも掲載されているので、ダーツが好きな方であればきっと何度も見返すだろうサイトです。

なかでも実際にダーツバーへ行ってみた際の記事は、とても読みやすく、ダーツバーがすごく身近に感じられますので、皆様も目を通してみてはいかがでしょうか。

同サイトによれば、お酒が飲めなくても、マイダーツを持っていなくても、ルールをあまり知らなくても、誰でもしっかり楽しめるのがダーツバーとのこと。

皆さんも詳細をチェックしてみてください。



Barから学ぶダーツライフ

旅行に行くならどこがいい?みんながおすすめする旅行・観光スポット

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
https://みんながおすすめする旅行・観光スポット.com


 

せっかくの旅行、絶対に楽しみたい!

実際に行ってみてガッカリした観光スポットというランキングを目にすることもありますが、“忙しい日々のなか、やっと見つけた旅行に行けるだけのまとまった時間。

いざ目的地に到着してみたところ、ガッカリ・・”とはなりたくありません。

事前に情報収集していれば、そのような事態は避けられそうなものですが、期待が大きければ大きいほど、落差を感じてしまいやすくなりますし、どちらも感じ方という主観によるものなので、情報という客観的なものを眺めているだけではリアルな情報を把握できるはずもありません。

より現実的な情報を得たければ、実際にそこへ足を運んだ人たちの口コミを参考とするのがおススメです。

口コミは他の人々の主観であるため、私たちから見れば、生きた客観的情報となります。

メジャーな口コミサイトがよくあることから、皆さんの生活圏にもあるかもしれない“口コミで人気のお店”という言い回しがあることからもわかるよう、口コミは良いモノを発見するのにとても大きな参考材料となります。


旅行前に、想像が膨らむ!

旅行を企画するならば、“https://みんながおすすめする旅行・観光スポット.com”というサイトをご覧になるといいでしょう。

実際に同サイトを開いていただければすぐにわかると思いますが、海外旅行・国内旅行ともに興味のあるエリア別に選択できるようになっており、先に進むと、より具体的な行き先を選べるようになっています。

それぞれの行き先ごとに詳細な旅行記が記されています。

ポイントだけをかいつまんだような記事ではなく、出発から時系列に沿って訪れた先やその感想が書かれているので、実際の旅行の流れをイメージしながら必要な情報を得られるのが嬉しいサイトです。

よくありがちなのが、行き先を選んでみたところ、観光スポットの紹介に終始しているサイトですが、それらの場合、スポット単位での評価しかわからないため、情報収集に手間がかかってしまいますし、自分で点と点をつなげながら予定を組まなくてはならないので、せっかくの旅行が時間効率に優れていないものとなってしまいかねません。

今回ご紹介した“https://みんながおすすめする旅行・観光スポット.com”は、いろいろな人が自分の旅行記を投稿しているようなサイトなので、プランの参考にもできます。

まずは一度、ご覧になってみてください。



https://みんながおすすめする旅行・観光スポット.com

経営コンサルタントの必要性は、どんなものがある?|経営に悩んだときの手の打ち方の一例

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
株式会社 経営進化研究所


 

経営コンサルタントって本当に必要?

事業主の皆さんは毎日が模索の日々なのではないでしょうか。

売上や経費、利益を気にしながら、もっといい方法はないものかと考えを巡らせるでしょうが、なかなかそれらは思い浮かんでこない、もしくは思い浮かんでも実行に移せない、といった状況に悩んでいる方も少なくないと思います。

そういったときに気になるのが経営コンサルタントでしょうが、具体的に何をしてくれるのかイメージしづらい上、ノーリスクで自社の経営に口出ししてくるわけですから、経営者としてはあまり付き合いたくないという考えが先行してしまうと思います。

事業主である以上、金銭的リスクは一個人が負っている場合がほとんどであり、そのリスクを負い続けた結果として今日があるのですから、他人に他ならない経営コンサルタントに踏み入って欲しくないという想いも仕方ないかもしれませんが、それは単なる意地に過ぎないのではないでしょうか。

事業主である自分が現在の経営状況に頭を悩ませているということは、何かしらの点において自力での限界を迎えているといえます。

そして、それが何であるか明確でない、というのも厄介なところです。

こうなれば、時間ばかりが浪費されていくのはイメージに容易いでしょう。

こういった状況を打破しようと思えば、客観的かつ専門的な視点が必要であり、その役割を担ってくれるのが経営コンサルタントです。


経営コンサルタントは実績で選べ!

経営コンサルタントという肩書は誰でも名乗りやすいものであり、実力はもちろんピンからキリまでありますし、信用に値するかどうかも同様です。

それらを見極めるには、やはりどれだけの実績があるのか知っておくに越したことはありません。

例えば、コチラの株式会社経営進化研究所のホームページをご覧いただければ、実績をわかりやすく掲載している一方、実績を公開していない経営コンサルタントも多くいます。

後者の言い分は、“クライアントとの間の守秘義務”を理由にあまり詳しくは言えない、といったものでしょうが、そう主張しているだけで三流どころか無能であると判断しても妥当でしょう。

有能なコンサルタントであれば、どこからどこまでが守秘義務の対象となるか理解しているため、その範囲を超えないよう、できるだけ詳細に説明してくれるはずです。

経営コンサルタントである以上、各方面との折衝は日常茶飯事なのですから、これくらいできて当たり前、つまり実績を株式会社 経営進化研究所のように公開しているべきだといえます。


歩みを止めるか、前に進むか

実力のある経営コンサルタントと出会えたならば、きっと事業主の皆さんの抱えている悩みの多くは解消していくことでしょう。

株式会社 経営進化研究所の実績にもあるよう、売上・利益の増加を導いたり、取引のなかった金融機関を相手に必要な額の融資調達に成功したり、といったメリットが得られます。

これらは結果に過ぎず、そこに至るまでは同社の経営コンサルタントによる専門知識と豊富な経験を活用しながら講じられた、精度の高い各種事業計画およびその進捗管理が存在しています。

これらの武器を得られることこそ、経営コンサルタントを入れて経営改善を図る目的に他なりません。

今回ご紹介した株式会社 経営進化研究所は、中小企業を専門に確かなコンサル実績を重ねてきており、幅広い悩みに対応してくれる経営コンサルタント会社なので、まずは気軽に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

慢性的な人材不足が今後も続く以上、より生産性の高い組織へと変化していくためにも、客観的かつ専門的な視点からのアドバイスはきっと貴重なものとなるでしょう。



株式会社 経営進化研究所

印鑑登録手続きをして、実印を作るにはどうすれば? 詳しく解説します!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
印鑑登録手続きのすすめ


 

煩わしい印鑑登録

行政手続きほど煩わしく面倒なものはないとお考えの方も多いと思います。

役所のほうから、ある手続きを済ませるように通知してくるくせに、それに応じて忙しい合間を縫って窓口へと足を運び、いざその手続きをしようと思えば、“先に○○が終わってからでないと、この手続きはできないんです”と言われるケースもあるなど、できるだけ役所と縁のないように生きていきたいものですが、どうしてもやっておくべき手続きはいくつかあります。

その1つが印鑑登録です。


実印の重要性

印鑑登録とは、印影を事前に公に登録しておくことで、その印鑑で押印した書類はその印鑑を持つ本人の確かな意思表示であると証明できるようになります。

印鑑登録を済ませれば、その印鑑は実印と呼ばれるものとなり、主に重要な財産を取り扱うようなときに使用します。

例えば、自動車の購入、住宅ローン契約、不動産売買、不動産登記申請、相続時の遺産分割協議書などへの押印に使用するのは実印でなければならないとされていますので、仮に印鑑登録していなければ、これらの書類のやり取りもできないこととなります。

なぜ、これらの手続きでは実印しか使用できないのかといえば、第三者による書類のねつ造を防止するために他なりません。

印鑑登録をしておけば、その証明書を得られますので、それを運転免許証とともに添付するなど、公的な証明を重ねられますので、確かにその本人の意思であるとの客観性を持つことができるようになります。

自治体にもよりますが、印鑑証明書の取得にも身分証明証が必要な場合もあるなど、何重にも証明が重なっているため、重要な財産上の取引に主に使用されるのです。


印鑑登録手続きのルール

しかし、誰もがどのような印鑑でも登録できるわけではありません。

自分の信用を登録する行政手続きである以上、やはり一定の要件を満たさなくては登録できません。

詳しくは、“印鑑登録手続きのすすめ”というサイトに掲載されているので、そちらをご覧になってみてください。

同サイトは印鑑登録に特化しており、印鑑登録できない人や、登録できる印鑑についてのルールに加え、登録手続きのやり方を数パターン掲載していますので、印鑑登録を行う際に知っておくべき情報を網羅できます。

単純に窓口へ行って登録作業だけを済ませればいいだけのようにも思えますが、印鑑登録は何かと疑問が思い浮かんでくるものです。

例えば、印鑑登録を一度済ませた後、別の印鑑に登録変更できるのかどうか。

また、登録した印鑑を紛失した際にはどうすればいいのか。

ゴム印や100均で買った三文判、下の名前の印鑑、などでも登録できるのかどうか、など個人それぞれ置かれた環境によりけりの質問が浮かんでくることでしょう。

それらについても“印鑑登録手続きのすすめ”に掲載されているので、是非チェックしてみてください。


印鑑登録をするなら!必見!

印鑑登録手続きのすすめ”を運営しているのは、市役所に勤務していた元地方公務員の管理人さんであり、実印登録の実務で得た知識をもとにコンテンツを作成しているので、掲載されている情報の質がとても高いのが嬉しいサイトです。

同サイトには印鑑登録だけでなく、戸籍の記載方法など他の行政手続きについても紹介されているほか、印鑑登録して実印にするのに適した印鑑の情報、それらの印鑑を取り扱っているおススメの通販店なども掲載されているので、きっと多くの皆さまのためになるサイトだと思います。

行政手続きを取り上げたサイトの多くが堅苦しいイメージでありがちですが、“印鑑登録手続きのすすめ”はイラストを交えながら親しみやすいレイアウトとなっているため、誰でも気軽に覗くことができます。



印鑑登録手続きのすすめ

料理研究家のマサヨ先生こと塚本 雅代のレシピサイト「マサヨ先生の料理上手になるレシピ」

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
マサヨ先生の料理上手になるレシピ


 

おいしいレシピだけ知りたい!



最近は料理ができる・できない、ではなく、するか・しないか、といった世の中になっているように思います。

ネット上に膨大なレシピが公開されているため、そこに記載してある内容通りに作業していけば、プロ同様の料理が完成するようになっていますし、レパートリー豊富にテーブルの上に並べることができます。

おそらく皆さんもクックパッドやデリッシュキッチン、クラシルなどをご覧になった経験があると思いますが、なかには早々に飽きを覚えてしまった方も少なくないと思います。

一般の主婦が投稿しているレシピばかり見ているわけですから、同じようなレシピも多く、微々たる違いしかないのにいくつものページを開いてしまう羽目になるなど、サイトがユーザビリティーに優れていないのが原因でしょう。

もっといいレシピサイトがないかと探してみようにも、何を基準に“いいレシピサイト”とするのかが難しいところです。

そのようなときには“マサヨ先生の料理上手になるレシピ”をご覧になってみてはいかがでしょうか。


信頼できる経歴だから、絶対においしい!



マサヨ先生の料理上手になるレシピを運営する料理研究家のマサヨ先生は、大手料理教室で年間約3,000人の生徒を相手に指導しており、和洋中はモチロン、韓国料理やモロッコ料理、タイ料理など世界各国の料理をはじめ、ケーキ、パンとジャンルを問わずに精通しています。

実際にサイトをご覧いただければわかりやすいのですが、マサヨ先生がおススメレシピを次々と公開しており、それぞれがとてもわかりやすい内容となっていますので、料理研究家の作る料理と同様の味を自宅で手軽に楽しめるようになります。

料理の味はモチロンですが、盛りつけの美しさにもこだわっていますので、より参考としやすいレシピサイトです。

書道で師範、華道は華道山村御流教授の資格を持ち、紅茶のデザインティークリエイターBell espace Diploma取得しているなど、美的センスを多角的に養ってきているマサヨ先生ならではの盛りつけの美しさを是非、皆さんもご覧になってみてください。

マサヨ先生の料理上手になるレシピは、とても見やすいレイアウトとなっていますので、クックパッドなどのように膨大なレシピの中で迷子になることもありません。



作ってみたい料理を素早く探せますし、内容もわかりやすく、盛り付けも参考にできるため、ユーザビリティーにも優れています。

一度、訪問してみれば、きっと繰り返し訪問したくなるサイトです。



マサヨ先生の料理上手になるレシピ

1 2 3 4 269