Since 2012/12/31
みそかじつ。 – ページ 2 – 考えるニュースサイト(ここはまなめはうすではありません)
当サイトは良いニュース記事をまとめたり、良いサイトを特集するサイトだよ。

お知らせ:株式会社ザッパラス様運営のSuzieさんとパートナーになりました。
お知らせ:ターゲッティング株式会社様運営のIt Mamaさんとパートナーになりました。

名古屋で「ごしんじょう療法」「DRT」「緩消法」と言えば、頭痛・首こり・うつ の『たけのこ整体』へ。

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
頭痛・首こり・うつ 『たけのこ整体』


 

身体の悩みは、どこかの原因につながっている



年齢を重ねていくだけでなく、ちょっとしたアクシデントに見舞われたり、身体に生じた異変をきっかけに、人間は身体の悩みを抱えてしまうものです。

代表的なものでいえば、頭痛や首のコリなどが誰にでも起こりうる症状として挙げられます。

しかし、身体の悩みはその個所だけの辛さにとどまるわけではありません。

身体のコンディションが思わしくなければ、人間は心にもゆとりがなくなってくるため、症状の度合いによってはうつ症状まで引き起こしてしまう場合もあります。

インターネットに誰でも触れられるようになった今日、身体の辛さやだるさをどうにかしたいと思えば、そのケア方法をいくらでも検索できますが、そこで得た情報を鵜呑みにして素人判断によるケアを繰り返していても、なかなかコンディションは改善しないままでしょう。

表面上の緩和のみを繰り返していても、根本的な改善が見込めないため、よりコンディションが悪化することも十分に考えられます。


「たいしたことない」扱いになってしまうことも

身体の辛さやだるさを覚えれば、病院へ行けばいいのではとお考えの方もいるでしょうが、病院での治療によってまったく改善しない、受ける治療に満足できないという方も多々いらっしゃいます。

その理由は、病院とは診察する場所であり、治療自体はとても消極的なことが多いためです。

特に身体のコンディション不良の場合には、レントゲンや各種の検査をして異常がなければ病院としては手の施しようがないので、湿布を処方したり、電気をあてるなどする程度の内容を治療として行います。

もちろん、これらの治療によってコンディションが改善するはずもありません。

むしろ、「ちゃんと自分の体と向き合ってくれているのかな・・」と不安になる方のほうが多いでしょう。

この結果、身体に悩みを抱えている本人が納得できるケアを受けられる先を探し求め、そういった先へ足を運ぶのが一般的となっています。


名古屋市中区のたけのこ整体なら、悩みから働きかける



もしも名古屋近辺で積極的なケアを受けられる先をお探しであれば、名古屋市中区にある“たけのこ整体”へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

たけのこ整体では、科学的に証明された、最新の手技を用いた施術を行っており、頭痛・首こり・うつの苦しみをソフトな整体で緩和してくれます。

また、悩みや希望をしっかりと引き出してくれるようなヒアリングを行ってくれているのも、たけのこ整体をおススメしている理由のひとつです。

臨床歴20年を超える現役ベテランカウンセラーがヒアリングも施術も担当してくれるため、初めて足を運ぶ方でも安心してお悩みを相談できますし、その改善に効果的な施術が受けられます。

完全予約制となっており、人体について専門的な知識を持っている施術担当者さんがマンツーマンで向き合ってくれますので、皆さまそれぞれが自分にピッタリの施術を受けられる先といえます。


気軽に通えて、気楽になって帰ろう

整体と聞いて、バキバキ、ボキボキされるといったイメージを思い浮かべている方もいらっしゃると思いますが、たけのこ整体の施術はとてもソフトなものであり、体に無理な負荷をかけるものではないため、どなた様でも安心して施術を受けられます。

また、整体院へ通ったときのトラブルとしてネットにも投稿されているような、無理に通わせようとしたり、回数券やプリペイドカードの購入を迫られたりすることもありませんので、より早くもっと快適なコンディションを手に入れたいとお考えであれば、まずはたけのこ整体へとお問い合わせしてみることをおススメいたします。


「ごしんじょう療法」「DRT」「緩消法」

今回、ご紹介した“たけのこ整体”では、独特の施術をいくつも行っています。

例えば、「ごしんじょう療法」「DRT」「緩消法」といったネーミングを聞いて、すぐにどのような施術であるかイメージできる人はほとんどいないでしょう。

まず、ごしんじょう療法とは、純金の棒で全身をこすって邪気を払う、代替医療・民間療法のひとつであり、生命エネルギーの場を正しくすることで様々な体の悩みに対応してくれる施術です。

次に、DRTとは、骨盤を矯正し、背中の骨のズレを矯正し、頚椎のズレを矯正する施術であり、腰と背中と首の筋肉の緊張を解き、腰や背中や首や頭の痛みを緩和が期待できます。

最後の緩消法とは、、腰、臀部、足の痛みやしびれ、冷えなどの辛さやだるさを緩和させ、消失させていくことを目的としており、筋肉を傷つけず、筋力の低下を起こさず筋肉を軟らかくする今までにない画期的な施術となっております。

これらに目を通してみるだけでも、たけのこ整体院の施術を試してみたい気分となってくるのではないでしょうか。


「やってみよう!」が、今後の人生を変える



これまで諸々の施術を受けてきた方ほど、たけのこ整体の施術を受けてみたいと思うのではないでしょうか。

やはり、同院ならではの施術なので、もっと快適なコンディションを手に入れられるのではないかと考えてしまうためです。

シビアにいえば、これまで受けてきた施術でよくなっていないのであれば、新たな施術を試すことこそコンディションを改善させるために一歩目に他なりません。

ネットの普及も相まって、マンションの一室を利用した整体のお店も次々とオープンしており、それらの施術のクオリティーが問題視されることもありますが、たけのこ整体であれば、これまで豊富な施術歴を持っているお店なので安心して体のケアを任せられると思います。

たけのこ整体のホームページをご覧いただければわかると思いますが、情報公開にも積極的であり、何がどうなってそうなるのかエビデンスも明確に記されています。

このようなスタイルのお店だからこそ、信頼してデリケートな身体の悩みも口にしやすいのではないでしょうか。

整体という施術は、基本的には人間の体を本来あるべき状態へと戻していく施術であり、身体に特別な変化を生じさせることを目的とするものではありません。

このため、体に無理な負荷がかからないのであれば、積極的に受けてみるべき施術であるといえます。

より快適なコンディションを手に入れるためにも、たけのこ整体で結果重視の施術を受けてみてください。


頭痛・首こり・うつ 『たけのこ整体』

時間とお金に縛られない未来の為に

飲食店と株を売却して仮想通貨にかけた男のブログ様のご紹介です。

時間とお金に縛られない未来を夢見て

保有株の約70%と経営していた飲食店を売却し約450万円を仮想通貨に投資した男の

話です、又仮想通貨に関するニュ―スや仮想通貨界隈の情報を主観と共に公開!

仮想通貨はビットコイン以外にも沢山存在し

その紹介や保有通貨の話なども交えています!

仮想通貨以外にも株主優待やFXの取引情報も発信しています!

投資に限らず趣味であるプロ野球、バレーボールVリーグ、卓球Tリーグ、

バスケットボールBリーグの観戦記やマニアックな視点からの記事

飲食業界よもやま話やラーメンを初めとした様々な飲食店の情報も写真、食レポと共に紹介!



時間とお金に縛られない未来を手に入れられるかはたまた愚行に終わるのか注目!



 →飲食店と株を売却して仮想通貨にかけた男のブログ

食べない生き方

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
食べない生き方


 

「食べない」は健康的だ



より健康でいるために、ずっと若々しい見た目を保つために、さまざまな方法が各メディアにて紹介されていますが、なかでも興味深く思えるのが、何かを摂取しないようにする方法です。

これらは内臓に負担をかけないようにするとのコンセプトが共通しているように思えるものの、より詳しく調べてみれば、そのエビデンスは否定のしようがないほど確かなもののように思えて仕方ありません。

それらは健康について構築されたエビデンスのように思えますが、見た目についても、内面の健康が見た目にも表れてくるとの指摘がなされているため、まさに非の打ちどころがないように思えてしまうのです。

どのようなテーマについても、ある程度の精度を保ちながら情報収集できる今日において、それらのエビデンスに非を唱えさせない状況を作り出せているのは、やはり相応の効果が期待できるからといえるのではないでしょうか。


糖質制限やファスティングなどの「食べない」方法



上記のような方法として、代表的なものが糖質制限やファスティングでしょう。

糖質制限とは、身体がエネルギー源とする糖質の接種を抑制することによって、簡単に痩せられるとして知られていますが、糖質の過剰摂取を避けることには医学的にも合理的な理由が存在しているため、とても納得できるものとして広く知られています。

また、ファスティングについては、いつも酷使しがちな内臓を、食事を摂取するのを一定期間避けることで休ませるものであり、こちらもとても合理性を感じられる内容となっております。

どちらも何かを摂取しなければいいだけなので、簡単そうに思えるかもしれませんが、本来、人間の体が必要としているはずのものを自分から遠ざけているのですから、健康面を考えればどちらも褒められたものではないように見えるかもしれませんので、無知な周囲の誰かからそれらの健康法を中止するように言われるかもしれません。

これらのようにメディアやネットで紹介されている健康法や美容法には賛否両論あるものの、否定派からすると、全否定できない根拠があるからこそ、それらの方法は今日も受け継がれ続けているといえるでしょう。

つまり、自分でそれらの健康法や美容法について情報収集し、効果の有無を判断していくことで、最終的に自分にピッタリの健康法や美容法と出会うことができるというわけです。


ほかにもある! 「食べない」方法のまとめ

健康法について調べたいときにお勧めなのが、“食べない生き方”というサイトです。

こちらのサイトは不食・少食の総合情報サイトであり、古今東西のあらゆる健康法を網羅しています。

一日一食、糖質制限食、先住民食、MEC食、オーソモレキュラー療法、ヴィーガン、ローフード、ナチュラルハイジーン、パレオダイエット、ケトジェニックダイエットなどについて詳しく取り上げていますので、これらの手法に興味をお持ちの方であれば、必要な情報をしっかりと情報収集できる先となるでしょう。

ダイエットを目的としていなくても、“食べない生き方”に掲載されているコンテンツはとても興味深いものばかりです。

例えば、“○○を●●すると健康になる”といった情報も多くありますが、それらを覗いてみると、思わず納得させられてしまうだけの説得力をもった内容がありますので、皆さんも是非チェックしてみてください。

これまでまったく気にもしていなかった点に気付かされますので、今後の生き方がいくらか変わってくるかもしれません。


「一日一食健康法」や「朝食有害説」



食べない生き方”を見ながら、個人的に気になった内容をいくらかご紹介してみたいと思います。

まずは“一日一食健康法”というコンテンツについてご紹介いたします。

仏教の世界では一日三食は動物の食事、中世の西洋でも一日三食は獣の生活、という言葉があるそうであり、かの枕草子でも一日一食から一日二食にしたら病人が増えたとの記述があったそうです。

しかも、睡眠時間について1日3食の人は9時間、2食の人は6時間、1食の人は3時間、という考え方もあるようなので、3食が基本であると考えている現代人からすれば、目から鱗のような情報が掲載されています。

エビデンスはかなり細かく説明されているので、気になる方はチェックしてみてください。

また、“朝食有害説”というコンテンツにも、一日三食が害であるとの内容が記載されています。

仏教の世界には“朝は小食、昼は正食、夜は非食”という言葉があるそうであり、ドイツや平安時代の日本でも一日三食がいかに好ましくないことであるかが明記されているとのことです。

より詳しく読み進めてみれば、内臓の働きについて時間ごとに詳しく説明されています。


「食べること」を今一度意識してみよう

今回、ご紹介した“食べない生き方”というサイトには、野菜や果物などを摂取した場合にどのような栄養素を取り込むことができ、その結果としてどのようなメリットを得られるのか詳しく掲載されているので、これからの健康と美容を考える上で食生活も見直していきたい人にとってはかなり有益な情報を得られる先といえます。

こちらのサイトでは、“○○を摂取すべきでない!”という情報だけが掲載されているわけではありません。

反対に、“○○はとてもイイものなので積極的に摂取しよう!”との情報も掲載されており、その代表的な存在となっているのが、ナッツです。

アーモンドやココナッツを絶賛しながら、後者を完璧な食品とまで崇めているため、思わずその根拠を探しにサイト内の情報を漁り始めてしまう構成となっています。

これ以外にも、一般的に健康に良いとされる食物を口にした結果、どのようなメリットが得られるのかについても紹介されていますので、食と美容についてより詳しく知りたい方ほど、“食べない生き方”をご覧になってみてはいかがでしょうか。

特にターゲットとする情報のテーマが決まっていなくても、これからの自分の美容と健康を考えるのに必要な情報は同サイトにて網羅されていますので、まずは一通りの周辺情報を取り揃える目的も兼ねて、“食べない生き方”をご覧になってみてください。

雑学を養うためにも、できるだけ足繁く通うようにしてみるといいでしょう。


食べない生き方

尻コリ腰痛なら恵比寿「臀圧整体SHIRITCHI 〜シリッチ〜」へ!

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
臀圧整体SHIRITCHI ~シリッチ~


 

腰痛の悩みが、腰にあるとは限らない

腰痛に悩んでいる方はきっと多いと思いますが、我慢しながら過ごしている方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

腰痛を抱えていれば、“普段の姿勢が悪いから”、“年齢のせいだから・・”、と自分に言い訳を繰り返しつつ我慢しがちですが、実は適切なケアをうけるだけでコンディションが大きく改善することも珍しくありません。

そもそも、まともなケアをせずに我慢していたのですから、まずは適切なケアを受けてみるべきなのは言うまでもないでしょう。

しかし、なかには整形外科やサロンなどでケアを受けてみたものの、ずっと腰痛を抱えたままという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合、腰痛の原因が腰ではない他の箇所にあるのではないかと疑ってみてはいかがでしょうか。

腰痛となっているとき、つい見逃してしまいがちな原因の一つが、お尻の疲労です。


お尻の疲労から腰痛へ

お尻の疲労がいかに腰痛の原因となりやすいのかについては、お尻のコリ、腰痛に特化した整体専門店である臀圧整体SHIRITCHI ~シリッチ~のホームページをご覧いただければと思うのですが、同サロンによれば、お尻の疲労や梨状筋のコリが原因で腰痛になってしまい、気がついたら慢性の腰痛や定期的にギックリ腰になってしまうケースも少なくないとのことです。

よく考えてみれば、お尻は人体のなかでも鈍い個所として認識されており、疲労やコリを感じにくいことに加え、我慢強い部分でもあります。

このような個所が腰痛の原因となっているのであれば、根本的な改善がなかなか見込めないというのも納得しやすいのではないでしょうか。

もし、心当たりがあるようであれば、臀圧整体SHIRITCHI ~シリッチ~の施術を受けてみるといいでしょう。

同サロンでは、お尻を中心に全身をほぐしてくれますので、きっと施術後の違いを実感できると思います。


ただの腰痛から悪化する前に

腰痛をそのままにしておけば、ギックリ腰、坐骨神経痛、梨状筋症候群、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などになってしまう原因になりますので、これらのリスクを考えると、早々に専門家によるケアを受けておくにこしたことはないと判断できるのではないでしょうか。

今回、ご紹介した臀圧整体SHIRITCHI ~シリッチ~であれば、豊富な知識を持っているため、なんとなくの施術ではなく、しっかりと筋肉を捉えた施術が受けられることから、よりコンディションの改善が期待できるようになります。

腰痛に悩んでいる方は是非、同サロンのホームページをチェックしてみてください。


臀圧整体SHIRITCHI ~シリッチ~

海外FX比較ナビ | 海外FXおすすめ口座・スプレッド・ボーナスを徹底比較

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
海外FX比較ナビ


 

国内FXではハイレバレッジでの取引ができない

少額からスタートしても億万長者となれる魅力こそFXの醍醐味であったはずなのに、現在ではだいぶ冷めきってしまった感があります。

その理由は、国内FX業者を利用したとしても、少額からのスタートの場合の夢がなくなったからでしょう。

国内FX業者に口座開設してトレードで大きな利益を稼ごうと思った場合、多額の種銭を用意しなければなりません。

てこの原理を用いて、口座に入金した額の数倍のサイズの取引をできるのがFXであり、200倍や400倍で取引できていたからこそ魅力的な投資先として注目を浴びていたのですが、現在では25倍までしか取引できませんので、資本金を基準に考えたとき、見込める利益の金額は10分の1以下となってしまっています。

こういった事情から、FXトレーダーは次々と海外のFX業者に口座を開き、そこでハイレバレッジでのトレードを行うようになってきています。


海外FXなら最大で3000倍のレバレッジも可能

海外FX業者の場合、最大で3000倍のてこの原理がかけられるだけでなく、予想と反対の方向に相場が急激に動いた場合でも、追証が発生しないので、トレード環境としては国内FX業者のそれよりもはるかに優れています。

また、口座開設や証拠金の入金を行うだけでボーナスがもらえるのも海外FX業者ならではといえます。

これらの要因はすべてトレーダー自身の取引環境にプラス要因として寄与してくれるものであり、より有利なトレード環境を求めるべきとのトレーダーの鉄則にも即したものであるため、上記のように海外FX業者を利用し始めるトレーダーが増えているのでしょう。


業者の不正も見逃せない

以上に目を通すだけでも、国内FX業者がいかに苦しい状況にあるのかがイメージできると思います。

それらの業者がよりトレーダーに有利な取引環境を用意してくれるのであれば話も違うのでしょうが、むしろ不利な状況をいくつも作り出してしまっているため、まさに自分で自分の首を絞めている状況といえます。

国内FX業者では不正が蔓延しており、目立つ勝率を上げているトレーダーなどは、業者の不正操作で「不利な約定」・「ストップ狩り」などで強制的に負けさせられることもあります。

これらが不当な行為であったとしても、細かに規定やれた取引約款にこれらを認めざるを得ないように書かれていることも少なくありません。

こういった点を含めても、賢いトレーダーほど海外FX業者を利用しているのは当然であると言わざるを得ません。

より詳しくは、海外FX比較ナビというサイトをご覧になってみてください。


海外FX比較ナビ

140℃耐熱で削りやすいPLAフィラメントLFY3M

本日は「みそかじつ。」が独自にお贈りする特集記事になります。
Nature3D サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M


 

理想を体現できる3Dプリンタ

好きなモノを作ることのできる3Dプリンタは、人々が持つ幅広い趣向に応えてくれるものであると同時に、それらの人々に“より良いモノを作りたい!”という想いを抱かせるものでもあります。

より良いモノを作ろうとした場合、造形データの精度を高めて理想に近づけていくことも大切ですが、それ以上に3Dプリンタで使用する素材選びが重要となってきます。

少しイメージするだけでもわかると思いますが、素材がイマイチであれば、機械が造形データ通りの加工をしづらいため、仕上がりが大きく変わってしまうのが理由です。


PLA樹脂とABS樹脂

3Dプリンタで使用する素材の代表的なものは、PLA樹脂とABS樹脂があります。

詳細は割愛しますが、どちらのほうが素材として優れているかといえば、前者のPLA樹脂だと評価する場合がほとんどなのですが、PLA樹脂は硬くてやすりがけなどの後加工が大変という弱点があります。

また、ABS樹脂に比べて低い温度でも力が加われば歪んでしまうといった耐熱性も弱点のひとつであるとされています。

つまり、これらの2点がカバーできるPLA樹脂であれば理想的な3Dプリンタの素材と考えられます。

そこで探してみたところ、“→サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M
”という素材を見つけましたので簡単にご紹介してみたいと思います。


「ほしい」は尽きない! 素材の悩みすら技術の進歩で解決

LFY3Mはそのネーミングの通り、PLA樹脂にも関わらずサクサク削れるため、思い通りの造形を再現しやすくなっているほか、アニール処理を行えば140度までの熱に耐えられるなど、PLA樹脂の弱点をカバーできている素材です。

より詳しくは、LFY3Mの特性について紹介されているコチラのホームページ(Nature3D サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M)をご覧いただければ、削っているときの動画なども掲載されているため、イメージが掴みやすいと思います。

低融点合金鋳造用のモールドとして使用すれば、金属製のアイテムも作れますので、これまで以上に幅広い楽しみ方ができるようになるでしょう。

より良いモノを作ろうと思えば、次々とリリースされるモノづくりに関するツールはこまめにチェックしていかなければなりません。

なかでも、造形に大きく関わる素材は尚更なことでしょう。

今回、ご紹介したLFY3Mを試してみて、これまでの素材との違いや出来上がったモノの質を比較してみてはいかがでしょうか。

きっと新たな気付きが得られると思います。



Nature3D

組織開発力強化・商品開発力強化など、中小企業のための経営支援をしています

Act And Act様のご紹介です。

中小企業の経営課題は、営業や商品開発などいろいろあるが、
それを実行するのは従業員。
経営課題を解決するには、従業員のやる気の大きさに左右される。
従業員のやる気を引き出すにはコミュニケーション力の強化が欠かせない。
コミュニケーション力を強化し、一体感のある組織を作るサポートをします。



 →Act And Act

1 2 3 4 5 263