コントロールメディアの運用企業が急増している理由

ネットの普及で販路は広がった

皆さまもご存じのよう、商品やサービスを取り扱う場合の販路開拓の主流はインターネットになっています。

やり方次第ではさほどコストをかけることなく、世界中のターゲットに向けて広告宣伝を365日24時間実施できるのですから、これほどセールスに適したツールはありません。

だからこそ、ネットを通じたマーケティングが当たり前となってきたわけですが、最近では競合他社ならぬ競合する情報が氾濫しており、しっかりと自社のセールス情報をターゲットに伝えづらい状況となりつつあります。

その理由は、ターゲットに合わせたキーワードとなるそれぞれの言葉に膨大な量の候補が検索結果として表示されてしまうからです。

この結果、アクセスが分散されてしまうので、せっかく発信した情報が十分にターゲットに行きわたらない可能性が高くなっているだけでなく、競合サイトで発信されているいい加減な情報によって、本来であれば自分が取り扱っている商品やサービスを購入するはずだった人たちが二の足を踏んでしまうケースも少なくありません。

例えば、環境性に優れた洗剤を取り扱っており、その販路をネットに求めた場合、“環境 洗剤”といったワードがSEO上のキーワードとなってくるわけですが、同じキーワードで上位表示されるサイトが“洗剤に含まれる界面活性剤成分は環境へ悪影響を及ぼす”と主張しているのであれば、購買層であるはずだった人々が購入を控える結果となってしまうのです。


コントロールメディアというマーケティング手法

SEO上、新設したサイトが弱いのはどうしようもありませんが、上記の洗剤を例にしたとき、“環境に良いなら、その洗剤を使うべき”と発信しているサイトと、“環境に悪いから、その洗剤を使うべきでない”と発信しているサイトのどちらに信憑性があるのか考えたとき、多くの人々は中立性のあるメディアの主張を優先したがります。

言い換えれば、その洗剤の販売元が発している情報ではなく、その洗剤とまったく関係のない第三者が発している情報が真実であると思い込む傾向にあるわけです。

そういったターゲットの心理を利用したマーケティングの一種がステルスマーケティングといえるかもしれません。

“ステマ”と聞いてポジティブなイメージを抱く方は少ないでしょうが、おそらくその理由はどことなくズルさを感じてしまうからではないでしょうか。

個人的にはズルいように思いませんが、おそらく多くの皆さまがネガティブに捉えてしまう理由となるのが、ステマの場合には本来であれば正しいはずの情報も歪めて、自社の商品やサービスの優位性につなげていると思われてしまうからかもしれません。

いくら情報発信が無料のツールを使用していたとしても、その情報を作成するためのコストは発生するのですから、発信者としてはステマであっても仕方ないと思いきや、情報の受け手からするとステマNGという矛盾が生じてしまうわけです。

しかし、ローコストで取り組めるこのようなマーケティングスタイルに取り組みたいのが運営サイドの本音であり、そのような想いを可能としたのがコントロールメディアというマーケティング手法です。


コントロールメディアとは

コントロールメディアとは、独立したドメイン、メディアサイトであるため第三者目線の表現を用いて商品・サービスの魅力が十分に伝えられるマーケティング手法であり、これまでのスタイルではなかなか売れなくなってきた高額な商品やサービスもどんどん売れていくとして注目を浴びているマーケティング方法の一種です。

ネットでのマーケティングに詳しい方であれば、これだけの情報でもうっすらとイメージできると思いますが、ターゲットにステマであることを徹底して伏せられるので、第三者の発信する中立性の保たれた情報であると認識されることから、我先にという購買意欲へと直結していくのです。

勘違いすべきでないのは、ステマのカラーを打ち消して同様の情報を発信すればいいというものではなく、事実に基づく情報を発信し続けてこそ、コントロールメディアと呼ばれる点です。

いまやネットに発信した情報でも半永久的に残されていくのをイメージするだけでも、いい加減な情報を発信すべきでないのは明らかです。

しかし、裏を返せば、正しく発信した情報も永続的にネット上に残るのですから、コントロールメディアは半永久的な信頼を得られる情報媒体となり、それに伴う売上高を期待できるということです。

そして、価値のある情報を発信し続けるサイトはSEO上も優位になるため、より多くのターゲットからのアクセスを期待できるようになります。


まずはコントロールメディアについて調べてみよう

これまでご紹介してきた内容をまとめれば、コントロールメディアとは今日になって新しく登場してきたマーケティングスタイルではなく、正しい情報発信のみを繰り返すオウンドメディアであると理解できます。

しかし、ターゲットからは第三者が運営しているメディアであると見られるため、オウンドメディアの運営とは異なるメリットを得られるようになります。

その結果、よりセールスに力を入れたマーケティングが可能となり、売上増へと直結させていくことができます。

また、コントロールメディアは自社メディアであると認識される要素を一切含まないため、売上に貢献する素晴らしいマーケティング手法を実践した人物として評価されることでしょう。

ちょっとした違いで表裏一体となるコントロールメディアを使いこなすことができれば、自分が思った以上の結果を得られるようになるはずです。

コントロールメディアは正しい知識のもと、それに従った展開を行わなくてはなりません。

この機会に皆さまもコントロールメディアについて情報収集を重ね、自社のビジネスの成長のために活かせるかどうかご検討してみてはいかがでしょうか。

ちょっとした工夫ひとつで大きく結果が変わるネットでのビジネス展開には、これまで抱いていたような障壁を感じる必要はまったくありません。